福島・高湯温泉【安達屋旅館】歴史ある洒落た古民家風大人の隠れ家・都心からアクセス便利

007-min.JPG
2022年1月3~4日、新春早々に念願の温泉いってきました~!!

福島駅から西へ車でたった30分の距離にある「高湯温泉」へ!

東京駅から新幹線でこれまたたった1時間半で福島駅なので、片道計2時間くらいで山奥の秘湯感を味わえるので、都民にぜひお薦めです。

スポンサーリンク








創業400年にもなる老舗「安達屋旅館」いい味出してます


中学生以上しか宿泊できない大人のしっぽり宿という構えで、宿泊者も静かな中高年がほとんど。

室内はリフォームされており、照明やインテリアがセンス抜群でほんと落ち着きます。

004-min.JPG




福島駅から15時往路、11時復路の宿送迎無料バスが運行しているので気軽に出かけられます(要予約)

じゃらんネットで予約したのですが、年末年始はどの宿も一人5~6万円と通常料金の倍以上もするのに対し、この宿は1月3日の1泊でも22,000円(2食付き)と良心的な価格で嬉しいですね。通常期でも17,000程度なので、数千円のアップのみ。

口コミが4.4と高評価で安心です。

じゃらんねっと「安達屋旅館」情報はこちら

外国人の若者従業員が何人か礼儀正しく接客してくれました。どの方も日本語上手で「お・も・て・な・し」精神に溢れていて好感触。研修制度で働いているんでしょうね。担当してくれた女性はネパール出身といっていました。

従業員全員が親切で、駅送迎バスの運転手の方も、我々が駅ビルに消えるまでずっと見送って礼をしてくれていました。社員教育がしっかりしています。

共有施設や部屋の様子


玄関入っただけで、その宿のサービスって分かるんですよね~。

フロント横にラウンジがあり、貴重なアンティークで溢れています。
023-min.JPG

ラウンジの囲炉裏端に腰かけて、無料のコーヒーメーカーでコーヒー飲めます。
040-min.JPG

夜はラウンジで無料の酒類(ウィスキーやジントニック)がセルフで飲めるので、サービス満点

廊下も築年数を感じさせないほどお洒落に手入れされています。
022-min.JPG

012-min.JPG

清潔な部屋は広々10畳くらいあるでしょうか?広縁も付いています。トイレはありますがバスはなしです。

大満足の温泉の様子


大浴場(内湯)、貸切内湯、大露天風呂、貸切露天と、種類や広さが超充実していてあきることありません。

【男性内湯】
高湯温泉の源泉かけ流しのお湯って「青っぽい乳白色」で、とても神秘的です。
025-min.JPG

内湯が一番高温、といっても42度くらいでしょうか?全体的にぬるめで長時間入っていられます。酸性が強いみたいで、目に入るとしみます。お肌つるつる!

【貸切露天(無料)】
宿泊棟から出発します。休憩場にもソファと冷たい飲み水が。うれしいです。
019-min.JPG

外の通路をわくわくしながら通過します。
043-min.JPG

脱衣場をすぎると・・・
044-min.JPG

貸切というには、とても広くて立派な露天です。他の宿だったらメイン露天として使われるくらい立派!
045-min.JPG

【大露天風呂】
朝風呂に浸かろうと目を覚ますと・・・外は深々と雪が降りしきっていました。前日は晴天でうっすら積もっていたくらいなのに。あー雪深い温泉宿にきたんだなーといい雰囲気です。
001-min.JPG

男性脱衣場から行けます。お湯までの外通路が長くてさみ~~。。。
005-min.JPG

外通路をやっと終えると、露天風呂が川のように長くつながっていて、遥か向こうが湯けむりに霞みます。スケール感があり秘湯です。
021-min.JPG

途中、洞窟風の風呂や打たせ湯があります。
012-min (2).JPG

どんづまりが大露天です。池のよう。回りは猿が出そうな木立。自分へのご褒美、うー疲れがとれ天国天国・・・
013-min.JPG

夜もくねくね小川のような露天風呂の各所がライトアップされてムード満点です。
032-min.JPG
031-min.JPG

大露天風呂は18ー21時までは女性専用になり、他の時間は混浴です。途中でカップルがタオルを巻いて仲良さそうに入ってきました。

繊細かつ目でも楽しめる食事


夕食会場には、テーブルにミニ囲炉裏があり、山の幸の串焼きが出てきます。温泉宿に多い最初から全部配膳されてる方式でなく、フレンチのように一品ずつ出てきます。和洋折衷の繊細な料理で舌鼓。
035-min.JPG
036-min.JPG
037-min.JPG

食後のデザートは券をもってフロント横のラウンジに移動し、洒落たグラスのほうじ茶ババロアをいただきました。いかした演出です。
038-min.JPG

朝食会場は夜バーだった別の場所。暖炉が燃えていて雰囲気満天。
003-min.JPG
こんな綺麗で贅沢な朝食はめったにありません。大満足!

まとめ


都心アクセスばっちりで、秘湯感を味わえる穴場宿です。掘り出し物が見つかって嬉しい!

サービスや施設もケチをつけるところがほとんどありません。

また行きたいなと思える、わがまま自分としては珍しい宿でした。

高湯温泉自体も、繁華街温泉地ではなく、福島駅から山道を登った山麓にひっそり立つ、温泉宿集落といった地味な感じが好きです。

【都心アクセスよい温泉記事はこちら】
都内でふらっと・大人の日帰り温泉【本当は教えたくない穴場スパ銭5選】とは?山歩きとセットでどうぞ(おっさんぶらり一人散策②)

福島・飯坂温泉ぶらり泊①【高速バス~観光スポット巡り編】コロナに観光業負けるな(おっさん一人旅)

【長野県・野沢温泉】共同温泉巡り好きにはたまらん由緒ある豪雪村・おっさん一人旅してみた

栃木【湯西川温泉】平家落人伝説の里と古民家風の趣のある秘湯宿(東京からアクセス良好な温泉1泊旅③)

【奥那須・秘湯の宿「大丸温泉旅館」】コロナに惑わされず宿泊レポート。素晴らしいおもてなしと川を堰き止めた広い温泉(おっさん一人旅紀行)

マイルを貯めて年に1回「ヨーロッパ往復ANAビジネスクラス」無料特典航空券ゲットも夢じゃない!?
banner eearning ana millage.jpg


スポンサーリンク








他の陸マイラー&一人旅人ブログはこちら
にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ
にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ 海外一人旅へ
にほんブログ村

マイレージ ブログランキングへ

"福島・高湯温泉【安達屋旅館】歴史ある洒落た古民家風大人の隠れ家・都心からアクセス便利"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

人気記事

カテゴリ

過去ログ