群馬【湯宿温泉】源泉かけ流しで穴場感満載(東京からアクセス良好な温泉1泊ひとり旅②)

232-min.JPG
昨年3月以来、1年ぶりの旅行・2021年3月29(月)~30(火)の1泊に白羽の矢を立てたのが、群馬県水上町の「たくみの里(日中散策)+湯宿温泉(宿泊)」です。

「大規模な温泉街じゃなく、誰にも気兼ねしないしなびた温泉に浸かりて~」と思いネット検索すると、群馬県水上町の西の外れに小さな温泉地「湯宿温泉」なる場所を発見。

群馬はかなり行ってますが初めて聞く温泉なので、秘湯感満載で出かけました。穴場でお薦めです。

スポンサーリンク








湯宿(ゆじゅく)温泉とは


温泉のあらまし

今から約1200年も前に、須川村の弘須法師による満願の夜、薬師如来が現れ種々の薬湯を賜ったのが始まりといわれています。

真田信之も関ケ原の合戦後に疲れを癒すために訪れたんだとか。

つまり、有名じゃないし小さいけれど、由緒正しい歴史のある温泉場ということですね。

都心からのアクセス

秘湯でしなびた温泉場ながら、都心からの交通の便はまずまずです。

【自動車】関越自動車道「月夜野インター」から15分。

【新幹線】上越新幹線で大宮発~上毛高原駅下車1時間弱

【在来線】高崎線で赤羽発~高崎駅乗り換え2時間弱、(上越線)で高崎駅~後閑駅で1時間:計3時間。
003-min.JPG

【駅前からの路線バス】「猿ヶ京行き」路線バスで後閑駅~上毛高原駅~湯宿温泉~猿ヶ京と同じ系統バスが経由していきます(30分程度)。
009-min.JPG

在来線や路線バスを乗り継いて、テレ東旅気分でのーんびり向かうのがお薦めですよ。

たくみの里からの道順

湯宿温泉は、丘陵の上の「たくみの里(古民家保存集落)」から徒歩15分程度で行けるので、セットで観光するのがよいです。

【前頁】群馬【たくみの里】里山風景にほっこり旅(東京からアクセス良好な温泉1泊ひとり旅①)

自分は1日目の昼にたっぷりとたくみの里の里山風景を満喫し、山から徒歩で温泉宿へ向かいました。
map.png

車通りがほとんどない山道一本道をくねくねと下ります。
094-min.JPG

車道から離れて歩道(というかうっそうとした路地)を進みます。
014-min.JPG

路地が終わると古民家を抜け、車道と再び合流。公衆電話がレトロ感出してますね。
013-min.JPG

赤谷川(利根川の支流)の橋を渡ると湯宿温泉です。
095-min.JPG


湯宿温泉の街並み


温泉街は国道17号線から脇に入ったとこに広がり、こぢんまりしていて全周しても30分くらいで回れます。
099-min.JPG

中心は国道端の「湯宿温泉バス停」。結構立派ですね。
097-min.JPG

赤谷川沿いに「北陸自然道入り口」を発見。どこまで続いてるんだろう?時間があったらハイクしてみたかった。
098-min.JPG

国道から一本路地裏に入ると、レトロな風情のある石畳が縦横無尽に広がっています。
102-min.JPG

街灯もレトロ。住民の絵画がモチーフになってるみたい。
108-min.JPG
蔵もありますよー。
109-min.JPG

しなびた温泉街って街並みの手入れの問題がありますが、ここは手入れされていてグッドです。

4つの共同浴場

小さな温泉地ながら、地元民が使う共同浴場が4つもありました。そのうち3つは発見できました。

【竹の湯】
103-min.JPG
106-min.JPG

小さなポストに料金入れるんでしょうか?

こんな張り紙が。コロナの影響で部外者は利用できません。地元民が鍵を持っていて入っていきました。うーむ残念
104-min.JPG

【窪湯】
118-min.JPG

温泉街中心にある共同浴場で一番大きく綺麗そうでした。利用する地元民も多かったです。

【小滝の湯】
121-min.JPG

窪湯の並びにすぐ近くにありました。

ウォーキングコース

温泉街の路地裏を利用して、一周のウォーキングコースなるものを発見。
117-min.JPG

案内板が出ているので分かりやすいです。
113-min.JPG

民家の角にある、共同温泉洗い場かな。
114-min.JPG

コースも綺麗な大通りへ。
110-min.JPG

窪湯に隣接するプチ広場に出ました。
120-min.JPG

脇には薬師如来像が。
116-min.JPG

さらに進むと宿の合間の懐かしー感じの路地。宿は7軒しかないんですって。
124-min.JPG

脇道を発見するもの面白い。階段上がるとどこへいくんだろう?
126-min.JPG

そして、コース終点は、今晩の宿「太陽館」がありました。「湯宿温泉上」というバス停すぐです。
131-min.JPG

お薦め宿「太陽館」


外観は国道っぱたのドライブインみたいな感じで冴えないですが、奥行きがあり、中のよい風情のギャップに萌えます。
129-min.JPG




全14部屋の小さな宿です。平日でコロナにも関わらず、他に2組が宿泊していました。じゃらんの口コミ評価も高評価です。

今回「じゃらん」からネット予約しました。おひとり様お断りの宿が多い中、ここは大丈夫でした。ただし、18,700円とやや奮発した料金となりました。割高なおひとり様料金はこんなもんでしょ。1年間の自分へのご褒美。
じゃらんプラン.png

「じゃらん「太陽館ページ」」はこちら

宿の雰囲気

外観にやや落胆でしたが、玄関をくぐると雰囲気の良さに気分あげあげ。大体ロビー入った瞬間に、宿のレベルって分かりますよね。
133-min.JPG

ロビーにはオルゴールBGMが流れていて、時がストップしたかのようで雰囲気いいです。大女将や若女将も気取らず、つかず離れずで感じよかったです。

キッズコーナーが。心配りですね。
139-min.JPG
コーヒー飲み放題! サービス満点
140-min.JPG

使っている野菜は地産地消だそう。
138-min.JPG

館内案内図。斜面に建っているため、方向感覚分からなくなるような造りです。
143-min.JPG

廊下もライトアップでいい感じ。
154-min.JPG

テラス付きのナイスな部屋

2階の表(川)に面した部屋でした。見晴らしが素晴らしいのなんの。
145-min.JPG

一人だと狭い部屋に通されること多しですが、広い部屋で快適~。

旅館にありそでないミネラルウォーターのサービス。これとは別に氷水のボトルも。至れり尽くせり
158-min.JPG

室内にテラスが。
146-min.JPG

さらに外にもひろーいテラスが。夕涼みに最適。この宿泊まるならこの部屋!
147-min.JPG
150-min.JPG

隣の部屋は空室だったので、誰にも気兼ねなしで腰かけて、風呂上りに星空を見てました。至福の時。

目の前の国道をはさんで赤谷川のせせらぎが聞こえます。自然浴~。
152-min.JPG007-min.JPG

源泉かけ流しの温泉

都会疲れ、コロナ疲れをとる今回の目玉、温泉きたー!!
159-min.JPG

マッサージチェアーが無料って珍しい。客目線サービスです。

脱衣場のアメニティの種類が半端ない。しかも清潔。
160-min.JPG
163-min.JPG

そんなに広くない大浴場ですが、古い旅館の割に、隅々まで綺麗にされていて高評価。ただしここには露天はなし。
165-min.JPG

源泉かけ流し、湯量はたっぷり。ナトリウム-カルシウム硫酸温泉で無味無臭の無色透明さらさら。

源泉は63度もあり、水で薄めてるみたい。加温してる温泉多い中で珍しいです。


そして、「貸し切り露天風呂!」。フロントで予約します。
227-min.JPG
232-min.JPG

いい雰囲気で期待して足を付けると「あち~!!」。結局熱くては入れませんでした(涙)。ここだけ減点・・・

使用前後はマットの蓋を浮かせ被せるんですが、それは必要なしだね。

ボリューミーで美味しい食事

この宿の自慢は食事にあり。

自分はメイン3つをチョイスプランだったので、10個程度のメインの中から、肉ばかりをチョイス。和室食堂でいただきました。

上州豚の鉄板焼き。肉厚です。
173-min.JPG

上州牛ステーキ。霜降りで肉汁じゅわー。品質いいわあ。
172-min.JPG

さらに上州牛のすき焼きなり~。
174-min.JPG

これでもかーと言わんばかり地元産の肉づくし。

その他の料理の品数豊富で味も繊細、地のものがほとんどで、大食漢の自分でも食べきれないほど。
170-min.JPG

山に泊まりに来てるのに、鮮度の悪い刺身が付く宿って意外に多くないですか?客が求めてるのは、山の物なんだよねー。その点でコスパ満点です。

仲居さん(フィリピンの方かなあ?)も品がよく、給仕のタイミングも絶妙。

朝食もさりげなく手が込んでいておいしかったー。女将の作るなめこ汁は絶妙!
009-min.JPG


まとめ


また緊急事態宣言出て、不要不急の外出自粛のGWですが、落ち着いたら心の洗濯に、近場の湯宿温泉はいかがですか?

古き良き温泉・自然・街並みに出会えるはずです。

【都心からのアクセス良好な穴場の観光・温泉地シリーズ】

【次頁】栃木【湯西川温泉】平家落人伝説の里と古民家風の趣のある秘湯宿(東京からアクセス良好な温泉1泊旅③)

マイルを貯めて年に1回「ヨーロッパ往復ANAビジネスクラス」無料特典航空券ゲットも夢じゃない!?
banner eearning ana millage.jpg


スポンサーリンク








他の陸マイラー&一人旅人ブログはこちら
にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ
にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ 海外一人旅へ
にほんブログ村

マイレージ ブログランキングへ


この記事へのコメント

人気記事

カテゴリ

過去ログ