ドイツ・フランクフルト空港から市内への電車の行き方(マイルで世界一周旅行記㉜:ドイツ編①)

DSC01148-min.JPG
弾丸世界一周4か国目は、ポルトガルに続き同じ欧州の「ドイツ」に到着。人生初のドイツです。

ANAマイルでスターアライアンス無料特典航空券を使っての旅なので、ドイツはミュンヘンと並び、スタアラ便のハブ空港「フランクフルト」が拠点となります。

フランクフルト空港からは、電車でたった12分(3駅)で市内中央駅の「Frankfurt (Main) Hauptbahnhof駅」にアクセスすることができ、大都市なのに空港からの立地は近くて抜群です。

「早くて格安、時間も正確」のドイツの電車。でも、事前に調べたネットやガイドブック情報がどれも分かりずらくて…(汗)

なので、自分の経験談をふまえ、初めて訪独する方でも安心の電車移動・切符購入の簡単ハウツーをご紹介します。

スポンサーリンク








空港から市内にアクセスできる電車の種類


電車の種類が、結構慣れないと分かりずらいです。

【フランクフルト近郊の電車の種類】
①ICE(高速新幹線)⇒特別料金がかかる

②IC(特急)⇒特別料金がかかる

③RE(Regional Express地域快速)⇒普通運賃のみ

④RB(Regional Bahn各駅停車)⇒普通運賃のみ

⑤Sバーン(都市近郊電車)⇒普通運賃のみ

⑥Uバーン(市内地下鉄)

⑦トラム(路面電車)


空港駅からはREかSバーン(8号線と9号線)を利用します。Sバーンは10~15分間隔で24時間運行、1回券の料金は4.9ユーロ(約600円)と格安で便利なので、多くの観光客が利用しています。

Sバーンは9路線あり、地下鉄Uバーン(9路線)と相互乗り入れをしていて乗り換えが便利です。

空港駅に到着したら、スマホでGooglemapで路線検索してください。本当にGooglemapに助けられました。

自分も空港駅到着時、どの路線に乗れば中央駅を経由し、ホテル(市内中心部のHauptwache駅付近)までたどり着けるか検索しました。

006.png

検索結果は、Sバーン(8号線の次が9号線、やはり15分間隔)で、REは出ませんでした。

Sバーンと交互にICE(高速新幹線)も表示されますが、特別料金がかかるので乗らないでくださいね。

Sバーンに乗り3駅10分ちょっとで中央駅に到着し、そこから徒歩で20分でホテル到着という検索結果でした。

ネット検索すると、「フランクフルト中央駅はSバーンの経由駅なので、そこから最寄りのHauptwache駅までそのまま2駅進めばよい」と書いてある記事があるんですが、終着駅のような中央駅ホームで停車し、動く気配のない車両と、Googlemap検索で中央駅までのルートしか結果表示されなかったので、がんばって中央駅からホテルまで歩きました(汗)。

ちなみに、運賃は「ゾーン制」になっており、移動するゾーンの数で料金が決定します

空港駅はゾーン5090、市内中央駅はゾーン5000です。

スポンサーリンク







目次にもどる

ドイツの電車の乗り方


日本と大きく違うのが、「改札がなく、切符を購入したら素通りでホームに出られてしまう」点。

これじゃ、無賃乗車やキセルが横行するのでは?と思いますよね。

でも、車掌が検札に回ってきた際に正しい切符がなければ、高額な罰金(60ユーロも)が科せられるシステムになっているんです。

ドイツ国内の多くの場所では、駅やバス内に設置してある「打刻機」に切符を入れ、日時を刻印しておかなければなりません。忘れたまま検札されたら罰金だそうです。

komatta-min.jpg

ただし、フランクフルトの場合、バス等の打刻は必要ですが、電車の切符には発券時に日時や発着ゾーンが刻印されているため、打刻機に通すのは不要です。

ちなみに、電車の切符(S・Uバーン、トラム、バス共通)は、1回券、1日券(市内、7.2ユーロ)、フランクフルトカード(乗り放題、主要観光施設の料金割引:1日券10.5ユーロ)があります。

ただし、自分の場合、フランクフルト市内は徒歩で十分回れる広さなので、空港~市内の1回券のみの購入でした。

空港からSバーン(都市近郊電車)で市内へ


空港ターミナル1から空港駅までの移動

ポルトガルから移動してきた自分は、ルフトハンザ航空便でターミナル1の到着でした。

ターミナル1から空港駅は連結していて、連絡通路を「train station」の表示をたよりに徒歩15分程度で券売機に着きました。

DSC01121-min.JPG

ターミナル2到着の方は、無料のシャトルバスか移動電車(スカイライン)でターミナル1までの移動が必要になります。

ターミナル1の入国審査もポルトガルと同じ欧州(シェンゲン協定)のため、チケットを読み取りゲートでかざせば完了。空港から駅までの連絡通路へ出るゲートもこのようにノーチェックです(拍子抜けしてしまいました)。

DSC01122-min.JPG
DSC01123-min.JPG

ゲートを出て、エスカレーターを下ります。
DSC01124-min.JPG

連絡通路は、さびれた感満載で、地味なショップが並び「本当にこの先に駅があるのか?」と心配になるようなただっ広い空間が続きます。
DSC01125-min.JPG

すると突然、真っすぐか右折か分かれ道の掲示が…。真っすぐ(Long Distance Train)はICEやIC乗り場の4~7番線なので惑わされず、右折(Regional trains)1~3番線に進んでください。Frankfurt cityの表示もありますね。こちらがSバーン乗り場です。
DSC01126-min.JPG

すると、やっと券売機エリアに到着です。
DSC01127-min.JPG

ここから先の記事にあるように、事前に他ブロガー記事で「券売機の購入方法」を事前に把握しといてよかったです。

他の外国人観光客は途方に暮れている人が少なくなく、有人窓口が混みあっていました。

なにしろ、ゾーン制やドイツ語の駅名等がよく分からない画面表示です。

目次にもどる

券売機で切符を購入する方法

【往路(空港駅⇒市内中央駅)の場合】

まず、①画面下の英国国旗をタッチし、英語表示に切り替えます(日本語はなし)。

②「Single trip Frankfurt」をタッチ(これが市内中央駅までの1回券です。1日券を希望する場合は、その下の「Day ticket」をタッチ)。

ticket1-min.png

次の画面の上「アダルト」をタッチ
ticket2-min.png

これでゾーン5000(中央駅まで)が設定できました(画面上の表示)。

でも、同じ金額で2つのセレクトボタンが・・・。上をタッチしましょう。「over ohne Umweg」というのは「迂回なし」という意味だそうです。中央駅に行くのに迂回ルートもあるみたいです。
ticket3-min.png

入力内容と運賃(4.9ユーロ)を確認し、右側の支払い方法の表示を見ます。現金払いの場合、硬貨5セント~2ドル可能、紙幣5~20ドル可、紙幣50、100ドルは不可となっています。

このように、高額紙幣は使えないので、予め小銭の用意が必要です。

または、カード払いもできます(VISA、マスターのみ)。
ticket4-min.png

支払い後、切符が出てきます。ゾーンに間違いがないかチェックしてください。
ticket5-min.png


【復路(市内中央駅⇒空港駅)の場合】

手続きは往路とほぼ同じです。

中央駅の券売機で「single trip Frankfurt」をタッチ。往路と同じ表記ですがタッチ項目は別。画面中央にある「飛行機マーク(airport)」をタッチしてくださいね。
ticket6-min.png

「迂回なし」を選択
ticket7-min.png

発券後、中央駅ゾーン5000から、空港駅ゾーン5090で間違いないかチェック。
ticket9-min.png

空港駅の券売機エリアに到着したら、奥の「terminal1」の表示がある自動ドアを出て進んでください。
DSC01437-min.JPG

目次にもどる

ホームを間違えないように

券売機エリアのすぐ隣から、下り階段を降りるとホームです。

いくつかのホームがありますが、「1番線ホーム:Frankfurt city」がSバーン乗り場なので、間違わずに降りてください。
DSC01135-min.JPG

1番線ホーム。「Flughafen(空港)regional barhhof」という各駅停車のホームという表示がありますね。
DSC01136-min.JPG

ホーム上の電光表示をチェック。Sバーン8号線があと5分で到着との表示。行き先「Frankfurt Hbf(中央駅)」を要確認。
DSC01137-min.JPG

目次にもどる

クールな電車の車体紹介

乗る際は、「2号車(一般車両)」に乗ってくださいね。1号車はお年寄り等の優先車両です。
DSC01139-min.JPG
DSC01140-min.JPG

ドアの開閉はボタン式とレバー式。こちらはボタン式
DSC01144-min.JPG

車内はボックス席で綺麗。
DSC01141-min.JPG

ちゃんと上部に次の駅の電光表示もあり便利
DSC01142-min.JPG

路線図の表示も。日本と似ていて几帳面ですね。外国では当たり前じゃないんですよね。
DSC01143-min.JPG

中央駅に到着後、じっくり各車両ボディをチェック。
DSC01149-min.JPG

先頭のフォルムが特急みたいでかっこいい
DSC01148-min.JPG

2号車と同じ車両の片隅が、ガラス戸で仕切られた1号車。グリーン車みたいな対応。
DSC01145-min.JPG
DSC01147-min.JPG
DSC01146-min.JPG

目次にもどる

フランクフルト中央駅到着

ホームの上のアーチの格子がこれまたドイツっぽくて洗練されてて素敵
DSC01150-min.JPG
DSC01151-min.JPG

本当に開放的で広い駅舎。たくさんのショップもあります。
DSC01152-min.JPG

ドイツのホームは行き先ごとに固定された路線ではなく、ミックスなので、駅舎内の巨大な時刻表で行先、ホーム番号を確認することが必要です。
DSC01153-min.JPG

各ホーム入り口にある路線案内版。自分が復路で乗ったSバーン8号線は、空港駅が終点ではなく「Wiesbaden Hbf」駅となっている。ホーム番号22番って、どんだけホームがあるんでしょう。
ticket8-min.png

駅舎入り口の陰と陽のコントラストが美しい。
DSC01154-min.JPG

中央駅の外観はまるで博物館みたいに芸術的。
DSC01155-min.JPG

目次にもどる

まとめ


このように、フランクフルト空港から市内までの交通機関の中で、バス、タクシーより格安で時間的にも確実なのが「電車(Sバーン)」です。

【空港から市内まで電車での行き方おさらい】
①空港ターミナル1から連絡通路を歩いて電車券売機エリアまで移動

②券売機の画面で「Single trip Frankfurt(市内までの1回券)」をタッチし発券
⇒4.9ユーロ(空港(ゾーン5090)から中央駅(ゾーン5000)まで)

③Sバーン8号か9号線に乗り、3駅約10分で中央駅(Frankfurt (Main) Hauptbahnhof)に到着
⇒入口出口の改札なし、打刻機による刻印不要、空港駅では1番ホームから乗車

④ホテルは、中央駅からアクセスしやすく治安のよい場所を(旧市街のHauptwache駅周辺がおすすめ!)

目次にもどる

この記事は2018.7.22-8.7の「スターアライアンスで行く世界一周(5か国)ひとり旅」をもとに作成しています(ANAマイルを使って航空券代はなんとタダ!)。飛行機に乗らずとも日々の生活(ショッピングのポイント交換等)で誰でも効率的にマイルを貯める方法は、一番下のバナー記事をどうぞ。

次頁】ドイツ・フランクフルト市内の治安がよいエリアとは?手ごろな価格の立地のよいホテルをご紹介(マイルで世界一周旅行記㉝:ドイツ編②)

前頁】トラム28E線で坂の旧市街「アルファマ地区(リスボン大聖堂)」巡り【リスボン1日観光ルート⑧】(マイルで世界一周旅行記㉛:リスボン編⑫)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

マイルを使った世界一周旅行に興味のある方はどうぞ。

【ANAマイルを使った世界一周特典航空券(ビジネスクラス)】
ANAマイルで行ける「世界一周特典航空券(スターアライアンス)」利用条件を知って世界一周に挑戦しよう(解説)【世界一周計画シリーズ①】

世界の【航空会社ラウンジ・オリジナルランキング】発表!利用した人でないと分からない実態が明らかに(マイルで世界一周搭乗紀③)

国際線ビジネスクラス・オリジナルランキング発表!短期間に何路線も搭乗したからこそ納得の比較(マイルで世界一周搭乗紀⑤)


【ドバイ旅行編:vol3まである最初の記事です】
ドバイ・メトロの乗り方と、分かりずらいチケットの購入方法を教えます(ノルチケット・カード)(マイルで世界一周旅行記①:ドバイ編①)

【モロッコ旅行編:vol17まである最初の記事です】
モロッコ・カサブランカ空港はハプニング続出!やる気ゼロのありえない空港職員たち(マイルで世界一周旅行記④:モロッコ編①)

【今回のモロッコ旅行の計画づくりと、砂漠ツアーの全行程です】
モロッコ・サハラ砂漠ツアー①【効率的な旅行プランの組み方、ツアーの選び方】(マイルで世界一周旅行記⑩:モロッコ編⑦)

【リスボン旅行編:vol12まである最初の記事です】
リスボンの電車・バスで使える便利なプリペイドカードの購入方法【Viva Viagem,Lisboa Card】(マイルで世界一周旅行記⑳:リスボン編①)

マイルを貯めて年に1回「ヨーロッパ往復ANAビジネスクラス」無料特典航空券ゲットも夢じゃない!?
banner eearning ana millage.jpg


スポンサーリンク








他の陸マイラー&一人旅人ブログはこちら

にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ 海外一人旅へ
にほんブログ村

マイレージ ブログランキングへ


この記事へのコメント

人気記事

カテゴリ

過去ログ