便利!ソラチカカードはメトロ利用者の味方

creditcard-hand.jpg
陸マイラーになるべく、真っ先にソラチカカード(ANA To Me CARD PASMO JCB)を発行し、サービスガイドに目もくれず半月。

だって、「ソラチカ=ANAマイルの交換だけ」に使えばいいんじゃない。
なんて、他のマイラー同様に思ってました。

でも、昨日ガイドをじっくり読んでみると、結構マイル以外もつかえるじゃん。東京メトロの地下鉄を乗り継いで通勤している者としては、便利な代物だと分かり、ふむふむ、これは使える。

スポンサーリンク








1.オートチャージサービス
改札を通る時、パスモ残高不足なら自動的に設定した金額が自動的にチャージされる優れもの。たとえば、

【実行判定金額】
(例)2,000円
⇒残額がいくら以下なら自動的にチャージしたいかの判定金額

【実行金額】
(例)3,000円
⇒自動的にチャージする金額

残額1,900円になった場合、入場時に改札機にタッチすると、ソラチカカードから自動的に3,000円分チャージ!!⇒残額4,900円となります。設定金額は自分で設定できます。

メトロをはじめ、JR、東武などの在来線でパスモを多々利用すると、チャージ残額って結構気になるんですよね。改札を通る時「まだ、大丈夫だろう」なんて鷹をくくってみるも、「ピンポーン!!」とゲートがしまっちゃった時の恥ずかしさ・・・。みなさんも、そんな経験あるある・・じゃないですか?

それと、券売機のチャージ入金って面倒ですよね。混んで並ぶ時なんて、ついいらいら。そんな心配、このカードでさよなら~! しかも、自動チャージの際に、ソラチカカードのポイント(JCB okidokiポイント)もたまって2倍お得。


2.メトロポイントPlus
定期券区間外でメトロに乗車する時、改札で1乗車ごとにメトロポイントがたまるというもの。平日は5ポイント、休日は15ポイント。メガマイラーのみなさんにとっちゃ、「数ポイントなんて、塵と同じ」と鼻で笑われそうですが、「塵も積もれば山となる」ですよ~。自分は、休日に結構いろいろなメトロ路線を利用するんですよね。だから、これからどんどん使いますよー。


3.定期券の機能も搭載可能
自分は「メトロ路線⇔東武鉄道路線」の定期券を利用してます。今の記名パスモカード定期券じゃなく、ソラチカカードに一体化できればいいなーなんて思っていました。だって、ソラチカとパスモ二枚持ち、そのたびに二枚かざしって面倒じゃないですか。そんなこんなでガイドを読んでみると、「ソラチカカードの裏面に定期券を搭載できる」とのこと。

やったーと喜ぶもつかの間、ガイドの隅に小さく書いてある注意書きを読むと、「西武、東武との特殊連絡定期券(2区間定期券)は搭載できません」とある。なにー!!できないのか。と落胆。

というわけで、駅の定期券売り場で聞いてみました。
「それは、小竹向原方面の特殊路線のみが該当でして、お客様の2区間はソラチカに定期券が搭載できます。まぎらわしい標記で申し訳ありません」とのことでした。
ふう~。これで、ソラチカカードで一石三鳥。メトロがより使いやすくなりました。

ちなみに、定期券発行をソラチカ決済にすると、メトロポイント0.5%とJCB okidokiポイントが0.1%同時にたまってお得だそうです。それに、入会キャンペーンとして、定期券発行決済で1000メトロポイントたまるし。もうすぐ半年定期の更新なので、さっそくお得にポイントをためてみます。

スポンサーリンク








人気記事

カテゴリ

過去ログ