B級グルメ②「御茶ノ水で超デカ盛りラーメン『立川マシマシ』」

tachikawa masimasi.jpg
二郎系のこってりスープに
極太ちじれ麺。

山盛りの野菜トッピングで
がっつりじゃなきゃ満足しない
野郎たちの胃袋を満たす、
「立川マシマシ」を紹介します。

スポンサーリンク








店名にもある「マシマシ」ってどーゆー意味??


立川を本店とし、
河辺、鶴川、神田(建て替えのため閉店)、5号店(御茶ノ水)、
足利、新所沢、本川越(オープン予定)の
都内を中心に8店舗で展開中

自分、通勤途中の乗り換えのため、
新御茶ノ水駅から御茶ノ水駅まで、
商店街通りを毎日歩くので、
一本裏道のこの5号店は腹ペコの時よくいく店。
DSC_0029.JPG
外観も内装もいたってシンプル。
金かけてねーなーって感じ(笑)
でも、そんな気取らない雰囲気が、
男子学生やリーマンに人気。
DSC_0027.JPG
店内に待つ人用の椅子10脚位置いてあるけど、
夕食時にはいつもその椅子は待ち人でいっぱい

この類の二郎系のラーメン屋って、
回転率もいいし、
口うるさそーなクレーマー客も少なそうだから、
儲けもウナギ登りだろうな~。
DSC_0022.JPG
いかつい系兄やん2人が切り盛りしてて、
いかにも格闘家って感じ。
でも、愛想がいいので安心。

お勧めメニューは、
①ラーメン
②マシライス

ここで「マシマシ」の意味を教えましょう。
「マシ」=「増し」=「デカ盛り」
「マシマシ」=「増し増し」=「メガ盛り」
増量はすべて嬉しい無料!
店員さんに最初「マシですか?」って聞かれるけど、
意味がわからなかった(笑)

「マシライス(750円)」とは、
大盛りのご飯に、ひき肉と特製だれが
炒めてある料理。
焼き肉のたれとケチャップがベースなのかも。
トッピングに生卵黄、紅ショウガ。
シンプルだけど食が進む。
さらに値段が上がると、豚バラ肉になります。
DSC_0028.JPG
普通盛りでライスが350g
マシマシが750g、もうどんぶり以上です。


自分がいつも注文するのは「中ラーメン(750円:麺300g)」
普通サイズでこのボリューム!
DSC_0023.JPG
モヤシとキャベツの野菜の山の上に、
豚の背脂がこってりと乗ってます。

あれ?
チャーシューが見当たらない!
でもご安心あれ、
野菜の下に埋まってます。
しかも、
長時間煮込んだような豚肉の塊には驚きます。
DSC_0025.JPG
野菜マシマシ」で3kg無料!
まるでエベレストです
(笑)
どこから箸をつけるのか。

こんなボリュームの料理ですが、
育ち盛り、働き盛り中心のメンズ客のほとんどは、
完食して帰るのです。

一度お試しあれ!

【立川マシマシ 5号店】
■東京都千代田区神田駿河台2-4-10(JR御茶ノ水駅 徒歩2分)
■11:00~15:00、17:00~23:00(日曜日定休)



※【追記①】お茶の水店は、入居ビル解体工事のため、2017年9月25日をもって閉店しました。周辺(未定)で営業再開の予定だそうで、決まったらTwitterでお知らせするそうです。

※【追伸②】5号店(御茶ノ水店)は、2017.12.26に神保町に再オープンしました。ラーメン次郎神保町店の跡地で、店内はカウンター式で手狭になり行列必死です。自分がお気に入りだった「ラーメン」がなくなり、カレーうどんが新メニューに加わりました。手狭な店内で山盛り野菜(もやし)トッピングの保管スペースがなくなったからでしょうか?




マイルを貯めて年に1回「ヨーロッパ往復ANAビジネスクラス」無料特典航空券ゲットも夢じゃない!?
banner eearning ana millage.jpg


スポンサーリンク








当ブログを”ポチッ”と応援してくださると
今後の励みになります
  ↓↓↓

にほんブログ村

マイレージ ブログランキングへ

この記事へのコメント

人気記事

カテゴリ

過去ログ