ダナンお薦めホテル【Tabino Hotel】手ごろな料金なのに驚異の無料サービス多数でコスパ最高(ベトナム一人旅紀行⑪)

DSC01916-min.JPG
初ベトナムはハノイ1泊2日してベトジェット国内便で最近大注目の中部エリアの中核都市「ダナン」へ。

ベトナム観光の醍醐味はノスタルジックな中部にあるといっても過言ではありません。

2泊したダナンの「Tabino Hotel」が今回旅した中で一番無料サービスが多く綺麗だしコスパ最高の宿です。

こんなに無料サービスを連発していいのかというくらいで、国内外を今まで宿泊した中でダントツ。採算とれるのか心配なくらい。

GW中ということもあって、日本人宿泊客も多数いました。

この記事(ベトナムおっさん一人旅紀行)は、2019年の天皇即位のおかげで今後ないであろう暦の上の10連休を活用して、4月28(月)~5月3日(金)5泊6日(この後にタイに6日(月)まで)の初ベトナム旅行のレポートです。

近い東南アジアで貯めたマイルを使うのはマイル価値が低いので、今回は格安LCC(ベトジェットエアー)の有償航空券で旅しました。


スポンサーリンク








まずはベトナム一人旅行程とダナン観光日程の概要


ベトナム5泊6日の行程(4都市宿泊)

【1日目4/28(日)】直行便でハノイへ夕方着・夜街歩き

【2日目4/29(月)】昼に国内線でダナンへ・午後夜街歩き

(宿)Tabino Hotel(旧The Blossom City Hotel)(ダナン)

・(夜)宿の無料レンタル自転車でハン川沿いをサイクリング


【3日目4/30(火)】ダナン周辺へ1日日帰りツアー(現地オプショナルツアー等を利用)     

≪午前:VELTRA「ダナン市内観光ツアー」≫
・五行山~チャム彫刻博物館~ハン市場~ダナン大聖堂~ミーケビーチでランチ

≪夜:宿の無料送迎バスで「ホイアン観光」≫

【4日目5/1(水)】ダナン昼発・鉄道でフエへ・午後夜街歩き

【5日目5/2(木)】フエ昼発・国内線でホーチミンへ・午後夜街歩き
・フエ午前中に現地オプショナルツアーで「3大帝廟ツアー」)

【6日目5/3(金)】ホーチミンから隣国タイ(チェンマイ)へ飛行機で


※タイ・チェンマイで2泊3日後、5/5に出発し5/6(連休最終日)の朝に帰国しました(機内泊)。

上記行程の赤字部分が今回ご紹介する「Tabino Hotel」とホテルの無料自転車でハン川沿いのサイクリングのレポートです。。

5月というのにダナンも暑かった~

Tabino Hotelの概要と宿泊プラン


毎度御用達のBooking.comで予約。宿泊1週間前までキャンセル無料なのが嬉しいですね。

この時の宿泊料(朝食、税サービス料込み)は@3,652円×2泊=7,305円と格安でコスパ最高なのです。

当時は「The Blossom City Hotel」という名称での予約でしたが、bookin.comからの予約票名や到着後のホテル看板をみると「Tabino Hotel」と日本チックな名称で、ホテルを間違えたのかと焦りました(汗)。

どうやら近年経営者が日本人に変わったようです。だから接客もサービスも日本人好みの丁寧さなんですね。

Bookin.comのTabino Hotelページはこちら

DSC02020-min.JPG



綺麗な建物ですが、道路からエントランスまでの階段が急で多くてびっくり。車いすユーザーにはスタッフ総出で運んでくれるのでしょうか。

ダナンで人気のホテル立地は、市街地から東へ離れているミーケビーチ沿いか、ハン川をはさんだ西側の大きなドラゴン橋の近くの高級ホテルが立ち並ぶきらびやかな方面です。

Tabino hotelはハン川の東側で橋から少し離れている地味なエリアなので、立地だけは意見が分かれるところですね。自分はGrabやホテル無料送迎や無料自転車で移動したんでそんな不便は感じませんでした。

人通り少ない河沿いですが、すぐ近くにコンビニ(vinmart)があったので助かりました。

フロントのお姉ちゃんにチェックイン時必死に慣れない英語で「各種無料サービス」の確認と申し込みをしましたが、時間がかかっても根気よく笑顔で対応してくれ好感が持てました。
DSC02019-min.JPG

多くのスタッフが若く、気さくな感じです。

ちなみにこのホテルはチェックインからアウトまで滞在中ずっとパスポート原本をフロントに預けるのです。滞在中預けたのをを忘れてパスポート探し回りました(汗)。パスポートのコピーを観光中持ち歩くのを忘れずに。


充実した無料サービスとは


【Tabino Hotelの無料サービス】

①無料送迎サービス

(1)空港⇒ホテル往路片道(30分)

(2)ダナン繁華街とビーチエリアまでの片道お送り

(3)ホイアンまでの往復

②レストランでの無料ベトナムフォー

③無料レンタル自転車 


自分は全ての無料サービスを利用し、とても恩恵を受けました。

【①(1)空港⇒ホテルの片道無料送迎】

事前に宿とメールでやりとりした際は「該当サービスなし」と回答されましたが、booking.comに記載があると主張したら、別の担当者から「お使いいただけるサービスです」と回答されました。

ホテルで雇った一般のタクシーが空港まで迎えにきてくれました。移動時間は30分もかかったのでお得でした。

【①(2)ダナン繁華街とビーチエリアまでの片道お送り】

9時から15時の間、1時間に1本行くホテルの乗り合いミニバスです。帰りは自力で帰る必要があります。

自分はチェックアウト後にダナン駅まで30分の移動に利用しました。乗り合いの他の客をビーチエリアから巡回して降ろし、最後に駅に到着。大きな荷物もあったので助かりました。

スポンサーリンク







【①(3)ホイアンまでの往復】

これ、一番ありがたかった無料サービスです。定員12名のホテルミニバスを利用し事前予約制で片道約1時間、当日は満席で宿泊客に大人気のサービスです(ホテル出発15:30-ホイアン出発19:30の観光にベストな時間設定)。

空港や駅のないホイアンはダナンなど周辺から車で行くしか方法がない観光地。ランタンに彩られた世界遺産は大人気で、ダナンに来たらぜひ寄りたいスポットです。

ただし、旅行会社等の有料送迎を頼むと1万円近くするので、これを無料サービスにするこのホテルは相当太っ腹です!

フロントに日本語の無料送迎サービスの案内が掲示されてます。頼めば同じ紙をもらえます。
DSC01914-min.JPG
DSC01915-min.JPG


【②レストランでの無料ベトナムフォー】

11階の眺望のよいおしゃれなレストランで、1日一人1杯無料で食べられます(17~22時)。

クーポンを持参し、自分は2泊毎日いただきました。
DSC01920-min.JPG

味は超おいしいというほどではなくミニサイズですが、夜遅くホテルに帰って周辺には飲食店がないため、この無料フォーで腹を満たせるのがありがたかったです。
DSC01935-min.JPG

【③無料レンタル自転車サービス】

1泊目は夜にドラゴン橋までハン川沿いをサイクリングできました。マウンテンバイクタイプだったので、舗装されていない歩道もなんとか進めました。

ホテルの日本語パンフには「電動アシスト付き」とありますが、実際は通常タイプしかないようです。

Bookin.comの口コミには、上記の他に多種な無料サービスを利用できたと記載があったのですが、当日フロントで確認すると廃止になったとのこと。うーむ残念・・・

【Tabino Hotel廃止になった無料サービス】
・系列の温泉施設の無料利用
・無料フットマッサージ
・フロント前に陳列された多彩なシャンプー・アメニティ
・日本語スタッフ



大満足の部屋を紹介


予約プランは「スペーリアダブル」でしたが、チェックインの際「キングダブル」に無料グレードアップしてくれました。

DSC01916-min.JPG

一人ではかなり広々~。シティビューで窓が小さいのがネックですが、6階という高層階だったので見晴らしよかったです。
DSC01917-min.JPG

トイレ兼洗面所もセンス良く綺麗。
DSC01918-min.JPG

感動したのがウォシュレット付きトイレだったこと。東南アジアでよくあるホースタイプ(これも併設)だけでなく、日本式の温水ウォシュレット!
DSC01921-min.JPG

いろいろな国の宿を利用してきましたが、便座式ウォシュレットは初めてみました!!

浴室も広々バスタブがあり、疲れた体を癒せました。仕切りドアがカラス張りなのがちょっぴり恥ずかしい・・・
DSC01919-min.JPG

朝食は11階の眺望のよい展望レストランで、ビッフェも豪華で大満足でした。
DSC01936-min.JPG


無料レンタル自転車で夜のハン川沿いをサイクリング


往復1時間かけてふらーっとでかけました。見知らぬ土地ではサイクリングが機動力あるし一番街の様子が分かって好きなのです。

ダナンは徒歩圏内の集中して繁華街があるという感じではなく、しかもこのホテルからは遠い。

ホテル目の前の大通りの平行した川沿い遊歩道を発着地にして、街の中心部のドラゴン橋近くを折り返し地点にしました。

ハン川沿いの遊歩道?は途中途切れていたり、石畳がでこぼこだったり、人々が憩う・露店で混雑する広場を突っ切ることになったりで、スムーズにサイクリングできない状況。自転車に慣れていないと結構疲れるかも。地元民の自転車姿もほとんど見かけません。

サイクリング目的に街が整備されていないので仕方ないでしょう、というか東南アジアはどこもノンバリアフリーのカオスな街並みですよね。

遊歩道沿いには盆栽を売る露店がずらっと。なぜダナンで盆栽が人気なんでしょうね?
DSC01933-min.JPG

ちびっこのためのゴーカート乗り場も川沿いに多数。仕切られてなく、一般の遊歩道で走り回ってるのであぶねーあぶねー。平日の夜なのに、親もちびっこも娯楽にいそしむ文化素敵~。
DSC01923-min.JPG

質素で壊れてしまいそうなメリーゴーランドも。キャラクターが不気味・・・
DSC01932-min.JPG

豪華客船もハン川を行き交いきらびやか。
DSC01929-min.JPG

あと少しで中心地のドラゴン橋だったのに、遊歩道が行き止まりで、大通りと交わって通り抜けるのが難しそうなのでここで折り返し。
DSC01927-min.JPG

ダナンのハン川沿いの繁華街はネオンぎらぎらの中国っぽい感じですね。


まとめ


ダナンの宿を決める際は、有名なミーケビーチリゾートでゆっくりする目的ならば高めのホテルばかりです。

ビーチにこだわらずハン川沿いの繁華街でよければ料金が割安になります。

しかも、今回のTabino Hotelのようにグレードやサービスは十分でも低価格なコスパ良しの宿は、繁華街中心の橋からさらに少し離れた立地。

ただし、ダナンの観光は広範囲にスポットが点在するので、車やバイクでの移動が主ですので宿の立地は妥協してもよいかもしれませんよ。


【前頁】ハノイ散策コース②【昼編】・ホーチミン廟など初心者向け観光スポット5選を紹介(ベトナム一人旅紀行⑩)

【次頁】ダナン観光を半日で周れる現地ツアーレポート【五行山、ハン市場、大聖堂】(ベトナム一人旅紀行⑫)


【ベトナム一人旅記事はこちら】

ベトナム旅行の目的地選びを迷っている方へ・おすすめのベトナム主要観光地トップ5はここだ!旅ルート作りも大公開(ベトナム一人旅紀行①)

【総額いくら?】ベトナム一人旅(5泊6日)にかかった全費用を公開します!経費節約のコツも伝授(ベトナム一人旅紀行②)

東南アジア・配車アプリ【Grab】使いこなす裏ワザや留意点を紹介【①設定編】(ベトナム一人旅紀行③)

ベトナム格安LCC【ベトジェットエアー】搭乗して分かった注意点とは・賢く使って安く旅しよう】(ベトナム一人旅紀行⑦)

ハノイお薦めホテル【エッセンス・ハノイ・ホテルズ&スパ】手ごろな料金・おしゃれ・立地最高(ベトナム一人旅紀行⑧)

ハノイ散策コース①【夜編:旧市街】・ホアンキエム湖など初心者向け観光スポット6選を紹介(ベトナム一人旅紀行⑨)

マイルを貯めて年に1回「ヨーロッパ往復ANAビジネスクラス」無料特典航空券ゲットも夢じゃない!?
banner eearning ana millage.jpg


スポンサーリンク








他の陸マイラー&一人旅人ブログはこちら

にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ 海外一人旅へ
にほんブログ村

マイレージ ブログランキングへ

この記事へのコメント

人気記事

カテゴリ

過去ログ