【パリ】マクドナルドの注文方法が日本と違ってすごいんです!

macdnald set.jpg
初のフランス一人旅のパリは、モンパルナス近くの格安ホテルに宿泊。

日本と違い、コンビニがなく、おひとり様の自分は毎食おしゃれで割高なカフェで食事というわけにいかず。

パリはファストフード店がそんなにないのですが、運よくホテルの下にマクドナルドが。

パリのマックってすごいんです。なにがすごいかレポートします。

スポンサーリンク








パリのマックの注文は電子パネルで、クレジットカード決済で


日本のマックの注文と支払いは、カウンターで店員とやりとりしますが、パリは違います。

内にいくつも「注文電子パネル」が設置されていて、まず、自分でタッチして注文を確定させ、カード払いを中心に決済します。カード社会ならではの手順ですね。
DSC_1023.JPG
画面の下に決済用カードの挿入口と暗証番号キーがありますね。自分はフランス語も英語も表記メニューがよくわからなかったので、ビッグマックセット(ハンバーガー、サラダ、ファンタ)6.95ユーロ(約938円)を注文。日本のバリューセットは680円なので、パリの物価はかなり高めですね。
DSC_0782.JPG
料金の決済が終わるとパネルの下から注文票がでてくるので、カウンターで店員に渡します。帽子から黒ずくめのユニフォームは日本と対照的ですね。
DSC_0783.JPG
ちなみに、シャンゼリゼ通りにある大きなマックは、入店するのに空港みたいに有人のセキュリティチェックがありました。テロの影響とはいえ、マックでびっくりです。

まとめ


ハイテク大国の日本ですが、フランスと違いまだまだ。ただし、丁寧で笑顔の店員さんとの注文や支払いのやりとりを、「お・も・て・な・し」として日本は大切にしているのでしょうね。

でも、日本でも2018年度にマックのカウンターでもカード決済ができるようになるそうです。こんな世界的チェーンでも、日本マクドナルドがカード決済に対応していなかったというのが驚きです。

フランスでは、地方の高速道路サービスエリア店内の自動販売機も大きな電子パネルで、カード払いに対応しているのは驚きました。
DSC_0953.JPG
DSC_0955.JPG

日本も少子高齢化で労働人口が少なくなるので、フランスのような注文システムになる日が遠くないかも。

静寂と荘厳】パリ観光のおすすめ穴場教会をこっそり教えます(観光地の喧騒が苦手な方へ)

電動自転車でパリ市内観光ツアー」で初めてのパリがぐっと身近に。

マイルを貯めて年に1回「ヨーロッパ往復ANAビジネスクラス」無料特典航空券ゲットも夢じゃない!?
banner eearning ana millage.jpg


スポンサーリンク








他の陸マイラー&一人旅人ブログはこちら

にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ 海外一人旅へ
にほんブログ村

マイレージ ブログランキングへ

この記事へのコメント

人気記事

カテゴリ

過去ログ