謎だらけの新興国のトイレ事情~使い方に困ったあなたへ(タイ、トルコ編)

komatta toilet.jpg
来日する外国人観光客が日本式のトイレの使い方に困るように、我々日本人も海外旅行の際にその国のトイレ事情に困惑すること多いですよね。生理現象ですから使い方が分からず止めるってことできないです。海外旅行で一番大切な情報かもしれません。

ヨーロッパやアメリカなど先進諸国なら日本と変わらない洋式トイレでしょうが、新興国はそうはいきません。独自の設計、使い方があり「このつまみ何の意味があるの?」ってわからないものばかり。

今回は、私が旅行した新興国「タイ、トルコ」のトイレの実態をレポートします。面白いのは、ウォシュレットって日本独自文化かと思いきや、両国ともついているんです。でも、ぼろいし使い勝手がすごく悪い(笑)

ちなみに以降、リアルなトイレ画像満載なので、食事中の方はご遠慮ください(爆)

スポンサーリンク








タイのトイレ事情


バンコクのような都会とアユタヤのような田舎地方ではトイレの仕様が違うことがあります。また、外国人向けに設計されているホテルと、現地人が使用する公衆トイレや民家でも違います。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【タイ式大便器のルール】
■タイの大便器には、使用済みトイレットペーパーは原則流してはいけないのです。水に溶ける紙質ではなく、水を貯めるタンクも設置されていないとこが多いので水流が弱いためです(特に田舎)

■だから、便座横にトイレットペーパー専用のごみ箱が設置されています。蓋つきなら匂いませんが、蓋なしごみ箱はちょっと抵抗ありますね(特に田舎)

■田舎に行くほど個室隅に大きな水がめがあり、用を足したら自分で水がめから桶で水を補充して流します。

■庶民的なトイレ(中級以下のホテル、地方のホテル、公衆トイレ、観光地、田舎)では、タイ式ウォシュレットともいうべき「シャワーノズルホース」が便器後ろの壁から出ています。

■ノズルの先にレバーがあるので、肛門にあてながらレバーを握って水流を調節します(結構水流強いので注意)。ある程度綺麗になったら仕上げにペーパーでふき内側に折りたたんでごみ箱に捨てるようです。だから、ペーパー用ごみ箱の中は汚物が露出しておらず、これがタイ式マナーのようです。

■外国人観光客が多い高級ホテルや国際空港等では、ペーパー用ごみ箱が一応ありますが、自分は面倒なのでペーパーはそのまま流してます(怒られるかな?)。シャワーノズルや水がめはなく、貯水タンクがあるようです。

■ちなみに、バンコクのような都会で外出中にトイレに行きたくなったら、日本のようにコンビニなどどこでも飛び込みで自由に使えるトイレってほとんどありません。タイのコンビニ(セブンが圧倒的)にはトイレはありませんし、たまにある公衆トイレも有人で有料。がまんできなくなったら、デパートのトイレ、近場の大きなホテル1階の共用トイレ(宿泊客を装い使うんで、ほんとはNGかな)。BTS・MTRの駅にはありませんのでご注意あれ。


タイの実際のトイレを突撃レポート!


【田舎(パタヤ)のホテル】

中級ホテルですが、シャワーノズルホースがありますね。チェンマイのホテルもそうでした。バンコクのホテルはホース付きに泊まったことはありません。自分的には、日本のウォシュレットに慣れているので、ホースがある方が気持ちいいです。
003 (3).JPG

ちなみに、バンコクのショッピングモールのトイレ(無料)の看板はこんな感じ。男性は立ちション、女性はしゃがむポーズがシンボルのようで面白いですね。
DSC_0017.JPG

【田舎の観光地のトイレ】
アユタヤツアーの途中で寄った土産屋のトイレ。公衆トイレはたいがい入口にトイレ担当のおばちゃんがいて、5バーツ(15円)くらいを置きます。だから、小銭がいつも必要なんです。水がめ式ですね。ごみ箱の蓋なしで中丸見え(汗)
DSC_0021.JPG

小便器はなく、並んで同じとこにするスタイル。丸見えです(汗)。昔の日本の公衆トイレみたい。ホースが直に伸びていて常に水が流れてます。ちなみに、現地ガイドに聞いたら、これは中国式の影響があるトイレだとか。タイでも珍しいのかな。
DSC_0022.JPG

アユタヤ遺跡の公衆トイレ。田舎では和式に近い「またぎ式トイレ」が現存。足を置くのはぎざぎざの部分。日本とは逆の向き(入り口側に向く)にしゃがむ。ペーパーがないので、桶の水で手で洗うようです(涙)。
DSC_0068.JPG

タイの小便器はやや高め。
DSC_0069.JPG

【バンコク近郊の民家のトイレ】

バンコク郊外を巡る自転車ツアーの途中、チャオプラヤー川沿いの超ぼろい民家で休憩したのですが、トイレを拝借しこんな感じ(男女、大小共用)。使うのに勇気がいります。
DSC_0099.JPG


トルコのトイレ事情


【トルコ式大便器のルール】
■タイと同様に、トイレットペーパーを流してはいけないので、専用のごみ箱があります。ホテルなどは貯水タンクがあり日本と同様にボタンで流せますが、後ろのヒモを引っ張ってタンクに貯水するタイプ、タイ同様にタンク無しで水がめから水を補充し流すタイプがあります。

■水がめといってもタイのように大きくなく、ミニバケツ程度の大きさなので、付属の蛇口から水をつぎ足し使うようです。

■大便器上の後ろの壁には、大きな長方形があり、それが流すボタンです。誰でも微力で押すことができ、ユニバーサルデザインですね。

■トルコ式ウォシュレットは、タイのようにノズルホースではなく、便座後ろの突起から直接水が勢いよく真正面に出ます。水量調節は便座右の鉄のつまみで行います。日本のようにノズルが自動で出てきて斜め上の肛門めがけてシャワーが出るのではなく、なぜ当たりにくい真正面(水平)にしか出ないのか不思議でなりません
(下の画像はクシャダスのホテルのトイレ)
turkey toilet.jpg

■不便なトルコ式ウォシュレットの正しい使い方が分からなかったので、現地ガイド二人に聞くと、一人は「手でシャワーをせき止めて、その水で肛門を洗う」といい、もう一人は「肛門にあたるように便器におしりを押し込む」と言っていました。トルコ人間でも使い方はまちまちのようです。


トルコの実際のトイレを突撃レポート!


【イスタンブールのホテル】

格安ホテルですが、トルコのトイレはタイより比較的綺麗でした。
DSC_0523.JPG

ペーパー用ごみ箱はこのように筒形ステンレスの蓋つきものもが多かったです。この格安ホテルはチェックイン後だというのに、実はこのごみ箱を開けると・・・以前の宿泊客の汚れたペーパーが満タンで見た瞬間絶叫しました(掃除はどうなってるの?)
DSC_0576.JPG

【トルコ式のしゃがむ大便器】

公衆トイレに多く、タイ田舎のしゃがむ式トイレと似た便器です。ぎざぎざに足をのせ、入口に向いて便器の穴にジャストミートするようにします。和式と似ていて、遠い異国で日本とのつながりを感じさせますね。水がめ小さい、おもちゃみたい。
DSC_0120.JPG

トルコに来て驚いたのは、小便器の高さがはんぱないこと。背伸びしてやっと小便器に届きます。用を足している間ずっと背伸びなので、ふくらはぎがぷるぷるきます(笑)
DSC_0726.JPG

【ブルーモスク前広場の公衆トイレ(イスタンブール)】

トルコで見た一番きれいな観光地の公衆トイレです。入口ですが、段差だらけのトルコにしては珍しく、スロープ付き、多目的トイレありのバリアフリー仕様です。
DSC_0729.JPG

入口を進むとトイレ入場ゲートが。1トルコリラ(約30円)入れると入れます。イスタンブールカード(電車やバスのパスモみたいなカード)でも自動引き落としできます。トルコのトイレの洗面所には必ずハンドソープが置いてあり、男性利用客は日本と違ってソープで念入りに手を洗って出ます。肛門をまず手で水を使って洗うからなんでしょうかね。
DSC_0728.JPG

タイと同じように、トルコもレストランなどのトイレ以外は基本的に公衆トイレは有料です。しかも、公衆トイレはめったにありません。だから、外出する前にホテルでしっかり用を済ませる必要が。自分のように頻尿な人は気が気ではありません(汗)

外出中にどうしても我慢ができなくなったら、モスク(寺院)境内の公衆トイレを利用できます。モスクは観光地のどんなに大きなモスクでも入場無料。でも、境内公衆トイレは1リラ前後有料です。あるいは、バザール内の有料公衆トイレも利用できます。

まとめ


自分は、初めての国に行く際の事前学習で、為替、物価、あいさつ、交通手段、チップ、そして「トイレの使い方」をまず調べて頭にいれます。

ネットで調べても案外トイレの使い方は詳しくでていないんですよね~(特に新興国は)。

今回のレポートが少しでも一助になれば幸いです。

マイルを貯めて年に1回「ヨーロッパ往復ANAビジネスクラス」無料特典航空券ゲットも夢じゃない!?
banner eearning ana millage.jpg


スポンサーリンク








当ブログを”ポチッ”と応援してくださると
今後の励みになります
  ↓↓↓

にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ 海外一人旅へ
にほんブログ村

マイレージ ブログランキングへ

この記事へのコメント

人気記事

カテゴリ

過去ログ