東南アジア・配車アプリ【Grab】使いこなす裏ワザや留意点を紹介【②予約実践編】(ベトナム一人旅紀行④)

grab5.jpg
前回は、東南アジアで便利な配車アプリ「Grab」の事前設定(アカウント・カード決済設定等)の裏ワザや留意点をご紹介しました。

東南アジア・配車アプリ【Grab】使いこなす裏ワザや留意点を紹介【①設定編】(ベトナム一人旅紀行③)

今回は、現地でアプリを開き、目的地の入力から乗車終了までを、実体験をもとにご紹介します。

使いこなせると、ぼったくりなし、言葉通じなくてもOK、安全安心で移動もストレスなしの快適ですよ~。

スポンサーリンク








Grabの種類


アプリのトップ画面です
grab top select.png

宅配デリバリーもやってるみたいで、今日本で流行しているUber Eatsみたいですね。慣れない異国の地でホテルで利用してみたいです。

Grabの配車種類はたくさんあります。

【Grab車の種類】
①Grab bike
⇒バイクに二人乗りします。一番格安でスリリングです。

②Grab car
⇒一般の運転手が自分の車で運搬します。「白タク行為?」と心配になりますが、きちんと訓練されている優良ドライバばかりです

③Grab Taxi
⇒通常のタクシーがGrab配車も兼ねています。Grab carに比べるとやや高め

④Just Grab
⇒一番近い車を自動的に選ぶ機能。

※上記の他にも、大人数乗りやバンタイプ、高級車タイプなど割高な車種がありますが、数は少ないです。


一番ポピュラーなのが、①Grab bike ②Grab car ③Grab Taxiの3種類です

アプリの現在地マップから近めの車種や料金を勘案して選び、予約するシステムです。

①Grabアプリを現地で開き、現在地を修正する


開くと現在地のGPSマップが表示されます。

大都市で開くマップ上には、車やバイクのアイコンがうじゃうじゃ表示され、面白いですよ。自分の近くにGrab車がどれだけいるか一目瞭然なので便利です。

今自分がいる現在地(ピン)まで迎車するのですが、ここで注意点。

ピンの位置がずれていることがあるのでよく見てください。ずれている場合はピンの位置を修正してください。

スポンサーリンク








また、車が入ってこられないような混みあった現在地の場合、車が通れる大通りや人混みから離れた見つかりやすい場所に移動してアプリを開くのがよいです。

自分の場合、ハノイの旧市街にある車が入れない歩行者通り沿いのホテルだったので、大通りまで出てアプリを開き、メッセージ機能で自分の特徴を知らせて迎車を待ちました。


目的地入力の留意点と裏ワザ


マップの下の欄に目的地を入力します。

019.png

ここで問題発生!マップの経路検索の際、自分が一番てこずるのが、目的地の入力と正しい位置の表示です。

日本語入力でなく英語入力を

海外でマップを使うと、正しい英語表記で目的地を入力しないと候補地が表示されないという事態が・・・。

例えば、「フエ空港国内線出発口」と目的地を入力すると、
grab destinetion japanese1.png

候補地表示が出ません。これは、「フエ空港」は日本語読みで、英語や現地語では正しい読み方でないからです。

ただし、簡単な英語入力「Hue Airport」をすると、
grab destinetion list.png

下にたくさんの候補地名一覧が表示されました。

フエ空港は正しくはフバイ(Phu Bai)空港。近場の別の「ダナン空港」も表示されています。

一覧候補から、間違えないように「Departure(出発口)」にチェックを入れました。

GoogleMap履歴から候補地表示

直近でGoogleMapで検索した場所が目的地なら、履歴が反映されて候補地表示されます。

これは、GoogleMapとGrabの情報が紐づけされているからです。

例えば、ホテルに向かいたい時は、「ホテル」と簡単に日本語入力するだけで、過去のホテル閲覧履歴が表示されました。
grab destinetion japanese2.png

有名な観光地名は日本語入力でOK?

ベトナム・フエの有名な観光地「安定宮」と入力すると、下に正しい英語表記の候補名が出ます。
grab destinetion japanese4.png

An Dihn Palaceっていうんですね。

このように、正確な英語表記が分からない場合は日本語入力でチャレンジしてみてください。

あいまいな観光地名は日本語入力でOK?

ドラゴンボートに乗りたかったのですが乗り場がどこにあるか分からず、とりあえず「ドラゴンボート乗り場」と入力してみました。
grab destinetion japanese3.png

でも、結果は候補地表示されずでした・・・

行先の正式名称が分からず候補地表示されない場合、住所やマップ上のピン設定で対応するしかなさそうです。


Grab車のタイプの選択


目的地の入力が無事終わると、マップ上にルート表示されます。

grab sellect bike.png

そして中段に「乗車タイプを選択してください」と表示され、一番近い車種(この時はGrab Bike1~2分で到着、VND 21K)と自動表示されます。

VND 21Kとは、ベトナムドン:21,000という意味。Kはゼロ3つの省略形。ドンは桁ばかり多く、実際の価値は100円程度とリーズナブル。

ここで「BOOK(予約)」を押すのは早すぎます。他の近くの車種や料金一覧をチェックするために、このGrabbike部分をクリック。

050.png

すると、近場の車種一覧が、料金と所要時間とともに表示されるので、ここから選択し、「BOOK」がいいです。

ちなみに、Grabは地域によってほぼ一律の料金ですが、ニーズの高い時間帯や車が少ない場合など、料金が多少上がる場合があるので要注意です。

その場合、下記のように料金(67K)の右隣りに値上がりマークが表示されます。
grab sellect justgrab.png


運転手のマッチと迎車のチェック


「BOOK(予約)」を押すと、しばらくサーチし、運転手がマッチするとこのような画面が表示されます。

grab drivers on the way match.png

運転手の顔写真、車種、車体の色、ナンバー、五つ星評価が表示されるので必ずチェックします。

ちなみに、キャンセル機能もありますが、乗客も評価の対象なので、あまりキャンセルしすぎると自分が低評価になり、マッチしてくれる運転手が少なくなるので、「BOOK」ボタンを押す際はお間違えないように。

しばらくすると、下欄に運転手・車種情報と、上段にマップが表示されます。

grab drivers on the way map.png

マップには、車の現在地と到着までのルート、所要時間が表示されるので、待っている間不安が和らぎます。

この画面では、旧市街に車が入ってこられないので、ずいぶん回り道してくるんですね。

運転手とメッセージ機能でやりとりする

上記画面の右下の2つのアイコンをクリックすると、運転手と電話やメッセージでやりとりができます。

マッチするとまず運転手からメッセージがくることがほとんどです。たまに電話がありますが、現地語を話せないので使いませんでした。

運転手がベトナム語でメッセージしても、日本語で瞬時に自動翻訳してくれるので大変助かりました。Grabすごいです。

grab message2.png

下欄に返信の英語定型文もあるので便利です。

自分からのメッセージは、マッチしたらすぐに自分の目印(持っている荷物の色など)を必ずメッセするようにしました。

自分発信の際も、日本語入力でベトナム語に翻訳送信してくれるので安心。

grab message1.png

最初、この翻訳機能してくれているのが分からず、頑張って英語メッセをしてましたが、英語力のない自分には入力に時間がかかりました。もっとも、運転手って英語話せる人ほとんどいないので、なんてお馬鹿さんだったんでしょう。


目的地に向かう


マップで車が到着するのを確認したら、車種とナンバーを覚えてチェックします。

運転手側からも到着メッセが来て「5分以内に見つけないと無効になります」というシステムのようです。

Grab運転手は下車して客を見つけることはしないで、近場で停車するだけなので、こちらから探しに動きます。

該当ナンバー車が見つかったら、乗り込む前に必ず運転手のスマホ画面をチェックし、自分の名前が表示されているのを確認します。

中には、Grab車を装い乗車させ、後でトラブルになる場合があるそうです。

乗車中はマップで到着予定時間、ルート上の現在地を車アイコンの位置で逐次確認でき安心です。

grab destinetionon on the way map.png

マップ上には「Emargency」表示があり、ここをクリックすると警察に電話できるそうです。事故や運転手とのトラブルの際に安心です。

目的地に到着すると、カード決済の場合はなにもせずただ下車するだけ。チップも不要。

しばらくしてアプリを開くと、運転手への5つ星評価の依頼表示がされ、大抵は礼儀正しく快適だったので5つ星をあげました。


まとめ


■自分の現在地表示は正しいか要確認。車が入って来られない場所なら大通りへ移動を。

■目的地の入力はまず日本語、だめなら英語、紐づいているGoogleMapの登録情報や履歴も活用できる。

■車のタイプを選択。Grab Car(一般車)がおすすめ。Grab Bikeも風きってスリリングで楽しい。

■マッチした運転手情報を要チェック。マップ上でアクセス状況もチェックできる。

■運転手とはメッセージ機能でやりとりすべし。自動翻訳するので便利。

■乗車中もマップで進行状況をチェックすれば安心。


【Grabの使い方シリーズ記事は次のとおり】

前頁】東南アジア・配車アプリ【Grab】使いこなす裏ワザや留意点を紹介【①設定編】(ベトナム一人旅紀行③)

【次頁】東南アジア・配車アプリ【Grab】使いこなす裏ワザや留意点を紹介【③乗車実践編:スリリングなBikeがおすすめ】(ベトナム一人旅紀行⑤)


【ベトナム一人旅記事はこちら】

ベトナム旅行の目的地選びを迷っている方へ・おすすめのベトナム主要観光地トップ5はここだ!旅ルート作りも大公開(ベトナム一人旅紀行①)

【総額いくら?】ベトナム一人旅(5泊6日)にかかった全費用を公開します!経費節約のコツも伝授(ベトナム一人旅紀行②)

マイルを貯めて年に1回「ヨーロッパ往復ANAビジネスクラス」無料特典航空券ゲットも夢じゃない!?
banner eearning ana millage.jpg


スポンサーリンク








他の陸マイラー&一人旅人ブログはこちら

にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ 海外一人旅へ
にほんブログ村

マイレージ ブログランキングへ

この記事へのコメント

人気記事

カテゴリ

過去ログ