陸マイラー志願者が陥りやすい初歩的な勘違い。そのショッピング広告案件の選び方ではマイルがなかなか貯まりませんよ~!!

suprise.jpg
最近、知り合いが「陸マイラーになりたい」と決意し、活動を始めようと準備しています。

自分の拙いブログや他のマイラーの記事を読み、自分なりに勉強してるようです。

しかーし、

いろいろ質問を受けるのですが、「それ、違うんだけどな~」と思うことがしばしば。

特に、マイルの基になる「ポイントサイトでのポイントの貯め方、広告案件の選び方」についての勘違い

何でも、生活用品をポイントサイトでショッピングして貯めたいのだとか。

自分も駆け出しのころ、分からないことだらけだったよなあ…と振り返りながら、

基本中の基本について、クイズ形式で考えていきましょう。



【第一問】まずポイントが貯めやすいよう、自分の生活を次のように見直した方がよいか?


■料金の支払い全般を現金からクレジットカード決済に切り替える。

■ANA東急カード(ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカード)を発行しておく

■いくつかのポイントサイトに会員登録しておく



答えは・・・
seikai.jpg

クレジットカード決済のポイント還元率は高々1%程度ですが、生活費を毎日決済すれば、塵も積もれば山となるです。

貯まったポイントを様々なサイトを経由させて、最終的にANAマイルに交換するのですから。

交換ルートの最後、東急ポイントサイトからANAマイレージクラブに交換する際、ANA東急カードが必須になります。

クレジットカード決済だけでなく、ポイントを稼ぐ柱は、ハピタスなどのポイントサイトでショッピングやサービスの広告案件を利用して稼ぐことになります

会員登録しておかないと、様々な広告案件を閲覧できません。


【第二問】ポイントサイトで購入する生活用品について


食料品からインテリアなど、生活用品の全てをポイントサイトを通じて購入した方が、ポイントが早く貯まるか?



batsu-min.jpg

ポイントサイトに個々の商品ごとに広告が出品されているものは、日常の食料品や家財道具は少なく、美容(化粧水等)・健康(青汁等)に関するものがほとんどです(その他、クレジットカード新規発行など生活用品と関係のない案件多し)。

しかも、個々の広告は「初回限定のサンプル品や数量限定品」が多く、ポイントサイトから飛ぶ「メーカーやチェーン店のオンラインサイト」を通じて購入した場合にポイントが貯まるという条件の広告がほとんどです。

その他、総合ショッピングサイト(楽天市場など)の広告案件も掲載されていますが、ポイント還元率はかなり低いので効率的ではありません(後述のとおり)

だから生活用品全般をポイントサイトで賄うことは現実的ではないと思います。

地元のスーパーやドラッグストアの店頭値引き品をカード決済で購入した方が、お得かもしれません。

ただし、マイルを貯めるために無駄な買い物をしては本末転倒なので、いつも使っている生活用品をポイントサイトでお得に購入しようという考えは正しいと思います



【第三問】ポイントサイトで購入する生活用品案件の利用の仕方について


ポイントサイトに掲載されている「総合ショッピングサイト(楽天市場やYAHOO SHOPPINGなど)」を通じて購入しようかと思っているのですが…



batsu-min.jpg

「総合ショッピングサイト」は多岐にわたる分野の品ぞろえなので、簡単に購入できますが、ポイント還元率は高々1~3%程度と非常に低いです

これでは、通常のカード決済(1%)とさほど変わらず、ポイントサイトを経由させる手間が水の泡です。

ポイントサイトを利用する最大の目的は、「いかに高還元率の広告案件を見つけ、利用し、ポイントを効率的に稼ぐか」です。

そのためには、還元率の低いオンラインサイト広告ではなく、品物別に出品されている高還元商品の広告を狙うのです。



事例を挙げて説明しましょう。

ハピタスのショッピング広告案件「リポビタンD」


仕事疲れを吹き飛ばすために、自宅にストックしておき定期的に飲んでいる方多いんじゃないでしょうか?

日常生活用品として、無駄のない広告案件ですね。

【品物別に出品されている広告】
ripobitanD  hapitass.jpg

10本セットで300ポイント(1ポイント=1円相当)もらえます。

「ポイントを貯める」ボタンを押すと、製造元の大塚製薬公式オンラインショップサイトに飛びぶので、ここで注文します。
ootsuka ripobitanD.jpg

税込み1,500円で送料無料ですね。

つまり、ポイント還元率は、300÷1500=0.2倍(20%)にもなります。

ソラチカルート(ハピタス~PEX~LINE~メトロ~ANA)に乗せて交換すれば、300×約0.736=約220ANAマイルにもなります。

6千マイルあれば、北海道の空港どこでも片道分の無料特典航空券が発行できますよ(ローシーズン)。


【総合ショッピングサイト(楽天市場)に飛んでの広告】
rakuten  hapitass.jpg

たった1%還元率です。

rakuten  ripobitanD.jpg

楽天市場に掲載されているリポビタンD広告では、同じ10本セットで、別建ての送料を含めると1,992円にもなります。

ポイントは、1,992×0.01=約20ポイント

その差なんと15倍です。


同じ商品購入でも、先の広告では300ポイント稼ぐのに1,500円(還元率20%)で済みましたが、この広告では、同じ300ポイント稼ぐのに、30,000円分(還元率1%)も購入する必要があるとは、雲泥の差です。

ハピタスにここから登録できます。
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

ただし、ハピタスをはじめとするショッピング案件中心型のポイントサイトでは、個別に出品されている案件は、総合ショッピングサイト案件に比べると、あまり興味がわかないものだったり(美容商品等)、数が少なかったりするので、見つけるのに一苦労です(だから強者陸マイラーたちは、情報合戦しているのですよ)

ただし、希望する生活用品の類似品がポイントサイト内に個別出品されていない場合は、総合ショッピングサイト(楽天市場等)の広告を利用して購入するしかありません。

それでも、(例)楽天市場で直接購入すれば、楽天ポイント1%ですが、ハピタス経由だと、ハピタスポイント1%+楽天ポイント1%と、ポイント二重取りができます。

ファンくるの美容液のモニター広告案件


ポイントサイト「ファンくる」は、他のサイトと違って、購入したものについて、アンケート評価し、提出したのちにポイント還元されるという、モニター型のサイトです。

健康・美容商品は、こちらの方が高還元率で個別に多く出品されています(ただし、モニター案件を利用するには当選する必要あり)。

女性なら、一見の価値ありですね。

fancrew biyoueki1.jpg

300円の価格で、ポイント還元率は、な~んと100%!!

つまり、たった300円で3000ポイント(300円分)還元です(ファンくるポイントは10ポイント=1円)

fancrew biyoueki2.jpg

しかも、アンケート設問数はたったの4問(初回限定の条件あり)

モニター広告案件は、ぜひ100%に近い高額・高還元率案件を狙ってがっぽり稼ぎましょう。

ここからファンくるに登録できます。
468x60.jpg


【第四問】ソラチカカードの次に、生活費等の決済で使用するメインカードの選択・発行について


ポイントサイトで高額案件の「クレジットカード新規発行」を利用して、発行したカードでショッピングや生活費の決済をしてカードポイントをためるのはお得か?



batsu-min.jpg

陸マイラーの間で「ANAマイルに高レートでポイント交換しやすい」と好評な生活費決済のメインになり得るクレジットカードは、カード新規発行案件として人気の、サイトポイント高還元率のカードではなく、次の2つになります。

①ANA VISA ワイドゴールドカード(年会費1万4千円)
⇒これをメインの決済カードにすれば、決済で1%分のカードポイントを最大1.648%までアップさせてANAマイルに還元できます。ただし、「マイ・ペイすリボ金利発生でボーナスポイント」という裏技を利用する必要があります。

⇒ANAマイルは「ANAスカイポイント(航空券も買える電子マネーみたいなもの)」にも交換でき、このカードで1.6倍もの高レートで交換できます(ANAのステータス「SFC」を目指す人は、スカイポイント化するのでこのカードが必携です)。

②SPGアメックスカード(年会費3万1千円)
⇒世界の高級ホテル(SPG、マリオット、リッツ・カールトン)のゴールドエリート会員になれ、VIP待遇を受けられる(無料の客室アップグレード、専用チェックインカウンター、レイトチェックアウトなど)

⇒カード更新時無料宿泊券プレゼント(1泊4万円以上の価値あり)

⇒JAL・ANAはじめ35社のマイルが貯まる(100円の利用=1カードポイント⇒最大1.25マイルへ交換可能)

ただし、この2つのカードのように、人気のあるカードは、ポイントサイトには掲載されないことがあり、また掲載されても低い還元率だったりします。2つのカードは、カード紹介リンクの貼ってあるブロガーサイトから公式サイトへ飛び入会すると、入会ポイント+ボーナスポイントがたくさんもらえます)。

その他の新規発行案件のカードのほとんどが、ANAマイル交換への高還元率ルートを持ち合わせていないので、生活費決済のメインカード向きではありません。

以上、ポイントサイトで新規発行するカードは、還元ポイントをごっそり稼いだ後は、たまに利用して1年後くらいに解約するのがよいです。ただし、ポイント稼ぎのために、短期間に多くのカードを発行するのは、リスク管理上お勧めしません。上記2つのカードをメイン決済に使うとよいですね。

そう2つのカードを勧めておきながら、自分は実際、別のカードをメイン決済用に使用し続けているんですよね~・・・。

ANAワイドゴールドカードやSPGアメックスカードは本当にゆるゆる陸マイラーのメインカードに適当?自分が使い続ける年会費無料の別のカードとは?(作成中)

creditcard zoom.jpg

【第五問】ショッピング案件だけで稼げるANAマイル数について


よく陸マイラーたちのブログで「金をかけずに年間216,000ANAマイルを簡単に貯められる」と見ますが、ショッピング広告案件の利用だけで安く貯まるんですか?



batsu-min.jpg

「年間216,000マイル」とは、高レートでの交換ルート(以前の高交換率ルート:旧ソラチカルート)の仕上げ段階「東京メトロポイント⇒ANAマイルへの交換」が月上限2万メトロポイントと決められていたため、2万×0.9(交換レート)×12か月の合計になるわけです(現在はソラチカルートは封鎖、東急ルートが最高交換率ルート)。

これが簡単に貯まるなんておいしい話だったら、誰もが陸マイラーになって、特典航空券枠がパンクしますよね~。

陸マイラーブログでこぞって取り上げている「年間216,000ものANAマイルを貯める方法」を鵜呑みにするな!ずぼらな自分が可能なマイル獲得数を経験で考えてみた

ショッピング広告は料金を払ってポイント還元されるんですから、ある程度金(投資みたいなもの)はかかります。

しかも先に説明したように、高還元率の条件のよいショッピング案件なんて、継続して掲載されるわけなく、1回掲載されて利用人数枠が達成されたら広告が即効で削除されてるなんてこと、ざらですから(汗)

だから、いつも最新情報に目を光らせて、好条件の広告案件を渡り歩く必要があるんです(自分は面倒かな~)

広告案件の料金はポイント還元率の基になるので、安すぎず高すぎない料金の、高還元率案件がベストです。

ということは、ショッピングで幸運にも100%還元に近い商品ばかりを利用できたとしても、交換上限まで稼ごうとすると、約2万円×12か月=年間約24万円程度もの出費が必要になります。
※実際は交換レート減少分も上乗せでかかります。

ただし、ショッピング案件は水物なので、毎月約2万ポイントも継続して貯められるはずないですよね。

不足分を補うために、「継続して掲載される(利用できる)案件の利用」がキーポイントになります。

point-out2-min.jpg

ポイントサイトに「継続して掲載されている案件のジャンル」は次のとおりです。

【無料案件】※1回1万ポイント程度の高額案件ばかりですが、注意が必要(無料で高いポイント還元:おいしい話には棘がある)。

・クレジットカード新規発行⇒発行後の管理が大変。乱発すると自分の信用情報に傷がつく。

・FX口座の開設⇒素人はリスクが高すぎる

・面談や資料請求案件(保険や不動産投資)⇒時間がかかるし、その後しつこい勧誘は大丈夫?

※高額な上記案件は、管理できる範囲のたまに利用するくらいが丁度いいかも(自分はほとんど利用していません)。


【モニター案件】※リスクは少なく実用的で安心ですが、手間がかかる。

・事前に申請し、定員数の中で当選する必要や、事後にアンケート入力やレシート画像の提出が必要

・店に行くモニター、自宅で行うモニター(通販)がある。

・外食モニター(ファストフード、レストラン、居酒屋等)⇒人気が高く当選しずらい。

・代金がかかる。


以上ご紹介した各ジャンル・方法の広告案件を、その時々に合わせて組み合わせながら、陸マイラーたちは手間暇かけてポイントを稼いでいます。


まとめ


陸マイラー志願者に特に多い勘違いとして、ポイントサイトでどの広告の買い物がお得かの選択について説明しました。

総合ショッピングサイト広告よりも、個別の高還元率商品の広告の方がポイントをたくさん稼げますよ。

慣れれば、時間をかけずに広告案件の良し悪しが分かるようになります。

また、クレジットカードの発行・決済利用も、用途に応じてどんなカードでもいいというわけではないので、よく見極めを。

マイルを貯めて年に1回「ヨーロッパ往復ANAビジネスクラス」無料特典航空券ゲットも夢じゃない!?
banner eearning ana millage.jpg


他の陸マイラー&一人旅人ブログはこちら

にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ 海外一人旅へ
にほんブログ村

マイレージ ブログランキングへ

この記事へのコメント

人気記事

カテゴリ

過去ログ