本当は教えたくない!イスタンブールのモスク観光の穴場【トルコ紀行②】

DSC_0665.JPG
トルコといえばイスラム教徒、といえばモスク(寺院)。あのドーム型の寺院を見ると、アラビアンナイトかハクション大魔王を想像してしまう自分です。

ANAマイルを使って初の特典航空券で、「トルコ~フランス周遊旅行(7/23~8/3)」に行きました。もちろん初ですから、旅行ガイドブックに掲載されてる超メジャーな観光地も回りましたが、観光客があまりいない、とある場所がとてもよかったのです。

今回は、トルコ周遊の中でもイスタンブールの「モスク(イスラム寺院)」に焦点をあてて、穴場モスクをお教えします。

イスタンブール以外のトルコの名所は、前記事数あるトルコの名所の中で私が選ぶベスト1はここだ!【トルコ紀行①】」をご覧ください。

スポンサーリンク








まずは、誰もが訪れるイスタンブールの超有名モスクをご紹介


もちろん、超メジャー観光モスクは廻りました。ただし、前夜にイスタンブールは史上まれにみる嵐だったようで、寺院内の樹木が倒れるなどで休館や開場時間が遅れるなど、はらはらしました。

スルタン・アメフット・ジャーミィ(ブルーモスク)」。まさにアラビアンナイトです。夜景がきれいですね。当日は聖なる日(金)で午前は観光客の入場禁止と、前夜嵐の影響で午後の開場もかなり遅れました。
DSC_0559.JPG
DSC_0493.JPG

どの観光モスクの入口でも、次のような服装注意を看板が。短パン男性には腰巻、女性には頭ショールが無料貸し出しされます。
DSC_0490.JPG

外国人にとっては、結構巻くのにコツがいるようです。
DSC_0488.JPG

アヤソフィア」。ブルーモスクと公園をはさんで対峙してたってます。ただし、モスク内は大規模修繕工事中で観光客は多いのにあまり綺麗ではありませんでした。
DSC_0458.JPG
DSC_0471.JPG

トプカプ宮殿」。当日は嵐の影響で突然の休館。翌日なんとか開館。他のモスクに比べ、観光客は多いし見所はあまりない印象。
DSC_0582.JPG

上記3か所のうち、トプカプ宮殿は入場料有料。他の2つは無料(モスクはどこも基本無料)です。すべて、旧市街のスルタンアメフット地区に集中してますね。ホテルもこの地区に予約しました。どの有名モスクの建築も、巨大なモスク内のホールと円形屋根がまったく柱で支えられておらず、優れた建築に感心しました。


そんな中、上記有名モスクを抑え、マイナンバー1になったモスクは・・・


超おすすめ!イスタンブールの穴場モスク「スレイマニエ・ジャーミィ」はこれだ!


有名モスクの集中する旧市街から外れ、ベヤズット地区の金角湾を見下ろす高台に建ち、1557年に完成したのが「スレイマニア・ジャーミィ」。

オスマン帝国が最も繁栄した時代の君主スレイマン大帝が作らせた寺院。建築家はトルコ最高といわれる大建築家マミール・スィナンだそうです。




この門をくぐると、すばらしいシルエットが見えます。入場無料。ちなみに、門の右手には、旅人にはうれしい綺麗なトイレも併設。
DSC_0651.JPG

門と反対にまわりこんで展望台側から見たドーム。威厳がありますね。前の芝生広場では、観光客は少なめで、地元のムスリムも含めて休憩していて、ほっとします。
DSC_0658.JPG

海からの急坂の上にある丘のため、金角湾と向こうの新市街が一望できて、穴場です。
DSC_0657.JPG

モスク入口では、やはり腰巻を無料貸し出ししてました。ブルーモスクやアヤソフィアなど超混雑観光地と違い、静かで荘厳な中でゆっくりドーム装飾が見られます。各国の言葉に翻訳したガイドパンフも無料で配布されています。祈りを捧げる地元ムスリムの姿も。
DSC_0660.JPG

モスク横の通路沿いには、ムスリムの墓石群が。やはり日本の墓と形が違うのですね。墓石表面のアラビア語は何が書いてあるのでしょうか。
DSC_0654.JPG


行き方は、ガラダ橋手前の通りを海沿いに進み、エジプシャンバザールを左手に通り過ぎ、左手の上り坂道大通りを上がっていきます。両側に結構路駐が多いです。
DSC_0668.JPG

路駐の合間をすりぬけ、でこぼこの歩道を進むと、右折します。そのまま壁沿いに進むと右手に門が見えます。ガラダ橋から15分くらいかな
DSC_0667.JPG

ちなみに、ジャーミィの前に小さな食堂街があって、サラダ・飲み物も付いて12トルコリラ(約360円)。参拝後のムスリムのための食堂なんでしょうね。坂を下りてガラダ橋付近や旧市街では考えられない格安。今度は食べてみたいな。
DSC_0666.JPG


「スレイマニエ・ジャーミィ」の周辺の観光スポットをついでに見るのがオツ(ベヤズット地区)


ジャーミィの坂を下りた金角湾ぞいには、スルタンアメフット地区旧市街と違った見所がたくさんあるので、一緒にどうでしょう。

スレイマニエ・ジャーミィが丘の上にそびえたってますね。多くの観光客は「あれは何のモスクだろう?」と気になっているけど、足を延ばす人が少ないです。
DSC_0638.JPG

新市街と旧市街を結ぶ金角湾にかかる「ガラダ橋」。釣り人多数。
DSC_0669.JPG

エジプシャンバザール。絨毯なども売ってますが、香辛料の山が特徴。
DSC_0608.JPG
DSC_0609.JPG

ボスポラス海峡クルーズ。1.5時間で往復12トルコリラ(約360円)激安。チケット売り場はガラダ橋右手の金角湾のトゥルヨル桟橋にあります。
DSC_0630.JPG

乗り場前の金ピカ船の店で販売してる「サバサンド」は名物
DSC_0620.JPG




マイルを貯めて年に1回「ヨーロッパ往復ANAビジネスクラス」無料特典航空券ゲットも夢じゃない!?
banner eearning ana millage.jpg


スポンサーリンク








当ブログを”ポチッ”と応援してくださると
今後の励みになります
  ↓↓↓

にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ 海外一人旅へ
にほんブログ村

マイレージ ブログランキングへ

この記事へのコメント

人気記事

カテゴリ

過去ログ