マイルがたまった時の特典航空券の予約の方法を教えます【ANA国際線特典航空券の予約シリーズ②】

ana staralliance biyoku.jpg
あっという間に夏休みが終わってしまいました。せっかくマイル特典航空券を使って海外旅行に行ったのに、だらけてブログのアップ怠ってしまいました(汗)

マイラー1年目にしてANA6万マイルたまり、初の国際線特典航空券の発券・一人旅です。6万マイルで行ける限度は欧州6万マイルだったので、ぎりぎり手が届きました。ただし、エコノミー。

自分のようにまず、マイラー活動はポイントサイト等でマイルをためる活動に必死なので、せっかくたまっても「特典航空券ってどうやって予約するの?」と初めて我に返る方も少なくないのでは?自分もそうでした。

そこで、今回の自分の経験をご紹介しながら、国際線特典航空券の予約の手順の基本をお教えします。

スポンサーリンク








まず、日程に余裕のある方は、目的地単純往復でなく、「途中降機」で2か国楽しむのがベター


自分の旅程は、第一目的地は「トルコ(イスタンブール:欧州ZONE7))」。テロが心配でしたが、一度でいいから東西の交易地のエキゾティック文化を見てみたかったんです。
turkey1.jpg
ただし、ANA特典の条件に「同じゾーン内なら途中降機(24時間以上の滞在)」も無料」という非常においしい条件が。これは使わない手はないので、第二目的地(途中降機地)を「フランス(パリ:欧州ZONE7)」にしました

詳しいANA特典航空券の利用条件は、前記事ANAマイレージの国際線特典航空券のしくみを学ぼう【ANA国際線特典航空券の予約シリーズ①をご覧ください。

【トルコ~フランス11泊12日旅の特典航空券(スターアライアンス枠)】
■7/23(日)羽田~(乗り継ぎソウル)~イスタンブール(IST):アシアナ航空
■7/30(日)イスタンブール~パリ(CDG):ターキッシュ航空
■8/2(火)パリ~羽田:ANA(翌日到着) 



なぜ、このような航空会社や経由地・途中降機地になったのかは、次の「ANAマイレージクラブ」ウェブサイトでの検索結果手順をもとに説明していきます。


①ANA直行便の空き状況を確認し、旅行日を決定する


まず、「ANAマイレージクラブ」ウェブサイトでは、ANA特典航空券予約の枠として、「ANA国際線(ANA直行便往復)」と「提携航空会社(スターアライアンス加盟28社)」のどちらかの便の予約をするか選択できます。どちらもANAマイルを使えば航空券代は無料です(燃油代+空港諸税は別途かかります)。
tokuten1.jpg
ただし、自分の場合、イスタンブールはANA直行便は就航しておらず、直行便はターキッシュエアラインズ(スターアライアンス)のみです。もし、往復をANA直行便にするなら、往路はパリなどANAが就航している6都市のどこかを経由地にし、そこから提携航空会社枠でイスタンブールまでの国際線を予約する必要があります。

そして、旅程の途中でイスタンブールから欧州6都市のどこかに国際線で飛び、そこを途中降機地として数日過ごし、復路はANA直行便で帰国という予約になります。東京在住なら、成田より断然羽田発着が便利ですね。

なぜそこまで、ANAマイラーがANA直行便の特典航空券予約にこだわるかって?それは、世界の航空会社に比べてANAのサービスの質の高さがピカイチだからです。また、通常で購入する場合でも、ANA航空券は高価なので、マイル単価率が高くなりお得です。今回様々な国の航空便を利用しましたが、そう痛感しました。同じマイルを使えるのなら、サービスのよい飛行機に安心して乗りたいですよね。

ただし、ANA国際特典航空券の予約開始日は「搭乗日の355日前」(国内線は2か月前)で、もうその開始直後には人気路線は空席待ちになってしまいます。1年前の予定が組める人って少ないでしょうし、競争倍率の難関がまっています。

ANA機内では、キャビンアテンダントが常に笑顔で丁寧に迎えてくれます。日本語が通じるのが安心ですね。他国航空会社のクルーたちは、笑顔があまりなく、つんつんしている印象でした。
ana cabin atendant.jpg

娯楽設備が充実。長時間のフライトも飽きません。特に、動画・音楽サービスが充実(日本語番組多し)。「ANA SKY CHANNEL」として、番組表が冊子でついてるので探しやすいです(他の国の航空会社はこんなに充実してませんでした)。
DSC_1138.JPG
DSC_1139.JPG
「君の名は」もやってました。
DSC_1137.JPG
機内食は微量かな・・・ビジネスクラスはもっといいんでしょうね。
DSC_1136.JPG
マイルたくさんたまって、ビジネスクラス予約ができれば、フルフラットのスタッガードシートで悠々でしょうね。復路のANA機内には、結構庶民的な日本人が多くビジネス使ってたので、もしかしたらマイラーかな?

本題のANA直行便の空き状況の確認方法に戻りましょう。ANAマイレージクラブにログイン後、「①ANA国際線」クリック⇒「②カレンダーから空席状況を確認」をクリック(「提携航空会社」予約をクリックの場合、カレンダー確認は表示されません)
tokuten1-2.jpg
こうすることで、欧州ゾーン直行便就航6都市ではいつ空席があるか一目でチェックできます。ただし、スマホのマイレージクラブ画面は少し機能が異なっているので、カレンダー機能を使うのは面倒だったと思います。それに、検索を繰り返し、「戻る」ボタンを押すと、スマホの場合、一旦入力した目的地や期日がクリアされてしまい、再入力が面倒だったような。
tokuten1-3.jpg
カレンダーは夏休み前の画像保存を忘れたので、現時点で年末の欧州直行便1週間の空席状況を載せました。全滅ですね(笑)。ちなみに、ANA直行便は空席待ち申し込みできますが、提携航空会社便はできませんのでご注意ください。

自分の場合、7月23日からの旅程予約をしたのは、5月14日でしたから、約2か月前の予約です。しかも、7月23日といえば、巷のハイシーズンのお盆休みよりは早めですが、学校が休みになる夏休み開始日。早く休みをとって家族旅行なんていう人も増えるので、通常よりはとりずらいのです。しかし、すべてANA直行便にこだわらず、提携航空会社も含めれば、長期休みの2か月前でも予約が可能だったのです。

自分は旅程の往復日に1週間の幅を持たせて空き日を検索できたので、うれしいことに、復路8/2ならパリ~羽田のANA直行便に偶然空きがあったのです。ということで、旅程中の途中降機地はパリ、復路(帰国日)は8/2に決定!復路は絶対ANA直行便がよいです。今回利用してみて痛感。慣れない外国旅行でへとへとの中、復路の日本のサービスの安心感は半端なかったです。

ちなみに、ANA直行便を予約する場合、往復で他社提携便を1本でも含む予約の場合、サイトでは「ANA国際線」からの予約でなく、「提携航空会社」枠としての予約を進めることになります。もっとも、「ANA国際線(直行便)」枠でも、「提携航空会社」枠でも、両方とも検索でANA直行便が含まれますが、前者の方がANA直行便に絞った検索結果なので、ANA直行便に空席があるかわかりやすいですよね。


②提携航空会社(スターアライアンス)空き状況を確認し、旅行日を決定する


ANA直行便の復路日が決定したので、往路日(提携航空会社利用)の空席日を確認します。「提携航空会社」⇒「往復(エコノミー)」をチェックし、出発到着地、往路・復路日を入力して検索。復路地は本当はパリなのですが、提携航空会社予約は片道予約不可、往復のみなので、とりあえず、到着地をイスタンブールにして検索し、往路(羽田~イスタンブール)の検索結果だけを参考にしながら、往路出発日を変えていき、空席のある日を見つけていきます。
tokuten2.jpg

自分はスマホで検索したので、往路出発日を1日ずつずらして再検索が必要でしたが、PC検索なら、「前後3日間の空席を比較」にチェックし検索すると、1週間の往復の空席状況が一目でわかるので便利です。
tokuten1-5.jpg

夏休みの画像保存を忘れたので、現時点での10月画像です。
tokuten1-6.jpg
途中降機せず、直行往復便のみなら、この、「前後3日間の空席を比較」一覧の空席希望日にチェックを入れ、先の予約手続きに進むことができます。

2か月前の予約検索の時点で、7月23からの1週間で提携航空会社便の往路空きは2~3日ありました。自分は一人旅なので確保しやすいですが、2席空きの日もありましたよ。

こうして、ここで往路日7/23が決定し、やっと往復日の空きが確認でき、旅程が組めるようになりました。ただし、ターキッシュエアラインズ直行便はどの日を探しても空席はなく、結局、アシアナ航空の仁川空港経由便しかありませんでした。

経由便の場合、乗り継ぎ時間が要注意で、この場合、仁川空港で約2時間、フライト合計16時間です。他の乗継便の中には、乗り継ぎ時間10時間、合計20時間越えのものもありました。乗り継ぎ空港では暇でしょうね。イスタンブール直行便は12時間前後なので、このアシアナはまずまずでしょうか。もっとも、早朝6:20羽田発(国際線は2時間前には要チェックイン)なので、羽田に前泊する羽目になりました(涙)


③途中降機日を決定し、「複数都市・クラス混在」検索で、全旅程の予約を確定する。


今まではサイトの「往復」検索を使って空きを確認しましたが、自分のように複数都市周遊プランの場合、「複数都市・クラス混在」検索入力に、往復日(区間1・3の欄)、途中降機日(2の欄)、出発到着日を入力して、全旅程を検索・確定できます。
tokuten4.jpg

ちなみに、「クラス混在」とは、往路のみエコノミー、復路はビジネスというように、クラスを変えて検索・予約できるというものです。マイルに余裕のある方はぜひ試してください。

往復日、途中降機日が限定される人は、最初からこの「複数都市・クラス混在」検索で探した方が簡単です。空席がない場合は、赤字で「検索内容に合うものがありませんでした」と表示されます。
tokuten1-4.jpg

PCで検索する場合は、区間1(往路)⇒区間2(途中降機)⇒区間3(復路)の順に、一つずつ検索結果が表示され、次に進めるか、空席がないか判明できるので便利です。希望する便にチェックを入れ次に進みます。スマホ検索では、区間1~3全て空席がないと「検索に合うものがありませんでした」表示しか出ず、どの区間が空席あり・なしなのかわかりずらいです。
tokuten5.jpg
tokuten6.jpg
tokuten7.jpg

自分の場合、スマホ検索で空席状況を確認したのと、往復日を確定させてから、前後2か国の滞在に必要な日数を考えて途中降機日を設定したかったので、前述のような数回に分けての検索を行いました。

パリへの途中降機日を7/30と設定しました。前半のトルコは広大な国内を周遊する現地オプションツアーを予約(5泊6日)+イスタンブールをフリー2日ほしかったし、後半のパリ観光は3泊4日の短期で十分だと思ったからです。欧州国間の国際線は数多くあり、空席が比較的直前まで確保しやすいです。

複数都市検索を進めると、区間1~3の空席便のすべてが表示されます。下記画像だと下が欠けているのでわかりずらいですが、日付、時間、航空会社を確認の上、希望する便の左横にチェックを入れて次に進みます。
tokuten3.jpg

確定した区間1~3全てが一覧表示されます。ちなみに、ANA直行便欄には、機内食や映画表示がありますが、他の提携航空会社便では非表示でも同様にあります。
tokuten8.jpg

各便の座席も無料で指定できるので、ここでやっておくのがよいです。ただし、提携航空会社の場合、表示される座席配置図が必ずしも正しいとはいえないので、よい席の見極めが難しいです。
tokuten9 seat.jpg

最後に、支払額の確定画面です。航空券は無料ですが、税金・料金が別途27,240円かかるんですね。今年に入って復活した燃油サーチャージ代も17,340円も(涙)。
tokuten9-payment.jpg

ちなみに、税金・料金詳細欄にたくさんの料金詳細が記載されていますが、ANAコールセンタに問い合わせたところ、上から区間1(羽田⇒イスタンブール空港・・・)が記載されているのかと思いきや、ランダム表示だそうです。われわれ素人にはどの空港の料金かわかりずらいです。


「複数都市・クラス混在」検索で、フライトの予約確定をする際の留意点(出発・到着時間)。


競争率の高い特典航空券の空席が見つかった時は、すぐにでも予約に飛びつきたくなるのがマイラーの心情ですね。でも、空席のフライト時間をよく見てみましょう。出発時間は国際線2時間前の要チェックインなので、早朝出発は難しいです。

到着時間も、海外空港の場合は特に、市街地ホテルへの移動手段や移動時間を考慮すると、夜間到着は避けた方がよいでしょう。見知らぬ土地の空港で夜遅くに交通手段を自力で確保するなんて、本当に大変ですよ。深夜到着なんて論外。海外の空港で一夜を明かすことになります。空港にホテルが併設ならよいですが。

経由便の場合は、出発から到着までの時間が長時間になっていないか確認してください。経由地の滞在時間がべらぼうに長い場合がありますから。

このように考えると、競争率を潜り抜けて空席を見つけても、よい時間でない場合があります。しかし、マイラーは送迎など至れり尽くせりの団体ツアー旅行とは違い、自力旅行が主だと思うので、フライト時間には特に気を付けて予約してください。


まとめ


このように、画像を交えて説明すると、なんだか面倒な手順のようですが、慣れてしまえばさくさく探せると思います。数日間毎日チェックして、空席状況の確認をするのも面白くなるかもしれませんよ。

あとは、自分の旅程にあった空席検索のやり方を見つけてください。私の上記方法は、途中降機ありの2か国周遊で期日指定なしのゆったりプランということで参考程度に。

また、検索結果は空席ありで次に進んでも、最後の予約確定画面でNGという場合があります(特に提携航空会社)。自分もあって、ANA特典コールセンターに問い合わせたら、その便はすでに埋まっており、提携便は予約にタイムラグがあるとのことでした。

特典航空券コールセンターは24時間営業で、電話での航空券予約は手数料がかかりますが、相談だけなら無料なので、丁寧に教えてくれますよ。

【簡単解説】ANAマイルを使った国際線特典航空券の予約方法と旅行ルート作り大公開!(まだ間に合う!夏休みの欧州旅行・計画編)

マイルを貯めて年に1回「ヨーロッパ往復ANAビジネスクラス」無料特典航空券ゲットも夢じゃない!?
banner eearning ana millage.jpg


スポンサーリンク








当ブログを”ポチッ”と応援してくださると
今後の励みになります
  ↓↓↓

にほんブログ村

マイレージ ブログランキングへ

この記事へのコメント

人気記事

カテゴリ

過去ログ