クレジットカード払いができない店が多いのはどうして??

credit-card.jpg
陸マイラー活動を始めるにあたって、真っ先に取り組み始めたのは、「生活費の支払いをクレジットカードに切り替えること」でした。

社会人になってウン十年。。。現金支払い至上主義だった自分は、クレカになんとなく胡散臭さを感じていたんで。でも、そんな先入観、クレカの知識が増えれば増えるほど、不要な産物でした。

そんでもって、マイラー活動に必須のポイントを貯めるががてら、生活費支出用に一本化するため、ポイント還元率のよい「ジャックス エクストリームカード」を発行したわけです。

そんなさなか、ネットの買い物はカード払いが原則ですが、街中のリアルな店の支払いで、「あれ?」と思ったことがあったので、触れておきます。

スポンサーリンク








カード社会なのに『カード払い不可』のお店って・・・

先日、近所のサイゼリアで食事しました。いままでは、もちろん現金払いでしたが、今回からカード払いにしようとレジで提示。しかし、店員さんから「うちは使えないんですよね~」と意外な回答。

サイゼって、全国チェーンの大手ですよね。それが使えないなんて信じられませんでした。現金の手持ちを財布にいれといてよかった~。でも、調べてみると全国大手の店でも、使えないところが意外に多いみたい。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【カード払い不可のチェーン店】
サイゼ、ケンタ、モス、COCO一番館、くら寿司、ジョイフル、、、など。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
個人店ならともかく、大手がだめだとは。全国のカード加盟店の割合は、たった約20%なんだとか。何か理由があると思い調べたら、「加盟店がカード会社に払う手数料の高さ(約5%)」らしいです。


サルでもわかる「カード手数料のしくみ」

カードに全く無関心だった自分は、全く知識もない。お恥ずかしい話ですが、基本をいろいろ調べてみました。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
●日本は年間約3億枚も発行⇒1人あたり約3枚
●しかし、利用率は12%と低い⇒韓国は58%
●日本人はクレカに対して悪いイメージが多く⇒まさに今までの自分だ!!
●利用者の手数料⇒リボ・分割払い手数料(一括払いは無料)
●加盟店の手数料⇒支払い方法に関係なく、一律約5%
●日本はカード利用者が少ない⇒カード会社は加盟店の手数料を高くする⇒加盟店が増えない
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

なんだか、日本のカード普及状況は悪循環みたいです。年会費無料のカードしかもず、一括払いしかしない自分は、実質タダ。

でも、カード会社は利用者アップ⇒加盟店の手数料収入アップを見込んで、様々な入会キャンペーンを繰り出すのですね。たとえば、年会費無料やポイントサイトの高額ポイント付与案件とか・・・。

それに、新規入会者がリボ払いにすれば、利用者手数料もアップしますしね。そういえば、カード発行の際、入力画面に「リボ払いに設定すれば、こんなにもお得」ってうざいほど吹き出しが表示されてたし。リボ払いにすれば、ポイントアップキャンペーンも多いし・・・。でも自分は頑として一括払い。


カード加盟店なのに使おうとすると嫌な顔されるのはどうして?

今日、近所の行きつけの美容室に行きました。そこでもお決まりの「カードが使えますか?」の質問に、髪を切りながら店長は「うちは、使わない方がいいですよ・・・」とのこと。

なんでも、薄利多売でやってるから、カード手数料の分が損益になるので、どうしても使いたいという客には、手数料上乗せの代金を支払ってもらってるとのこと。カード会社とそういうことで交渉して、特別な料金・手数料体系??を組んでもらっているということだった。

そこまでいうので、いつも通り現金払いにしました・・・確かにカット料金が激安なんだけれど。なんだか腑に落ちない感じ。その質問以降、店長さんは不機嫌なご様子だったし。

帰宅後、またまたネットで調べてみると、同じような経験談があるある。加盟店表示あるのに「安いランチの時間帯は使えない」と断られたり、「現金あるなら現金でお願いします」、会計時に「カード払いなら7%上乗せになります」といわれたり・・・。

そうそう、大手家電量販店のポイントカードも、現金払いなら5%、カード払いなら3%だったような。

何でも、薄利多売な加盟店や個人の加盟店は、店側の手数料を利用者負担で上乗せ請求する店も少なくないんだとか。まさに、今回の美容室ですね。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
「加盟店がカード会社に支払うべき手数料をご利用代金に上乗せする行為は、加盟店規約にて禁止されております。万一利用代金にカード手数料の名目で上乗せの請求をされた場合は、加盟店に是正指導を行いますので、カードでの支払いは行わずにメンバーシップ・サービス・センター、またはカード裏面のカード発行会社までご連絡ください。」が社会通念上の考えらしいです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

もっとも、カード払いが難しいからって、行きつけの美容室を変えようとは思ってないし、チクろうなんてめっそうもない。他の店でも、食事や買い物する際、カード利用ができるかの確認と、利用者負担の手数料が上乗せされてないか、会計時のレシートもチェックしてサインするように気を付けようっと。

スポンサーリンク






人気記事

カテゴリ

過去ログ