職場の飲み会でクレカのポイントゲットだぜ!!

credit card.jpg
ただ今、職場の飲み会の帰りです!
いつもになく珍しく会計幹事を引き受けました。なんでかって?それは、クレカ払いにして、ポイントを貯めるためですよ!

合計三万円の決済なので、エクストリームカードが1%の還元率なので、300ポイントな~り~

たったこれだけ?でも、このカードはスグレモノ。Gポイントへ1.5倍なので、450ポイントになります。これからも、柄にもなくどんどん会計を引き受けてみよっかな

スポンサーリンク








一方、クレカのポイントと比較すると、ポイントサイトの大型買い物、発行案件は数千~一万レベルまでポイントがつくこと、外食モニターでラーメン一杯で800ポイントがつきますよね~。

そう考えると、ポイントサイトってなんてお得で、クレカのポイントって極小なんだろうって身をもって痛感するわけです。それに、ポイントサイト経由のショッピングだと、ショッピングサイトのポイントも、クレカのポイントもついてポイント三重どりができるなんて、いままでぜーんぜん知りませんでした。損な人生ですよね。


そういえば、この「ポイントサイト」なるものがネット社会に存在することは、陸マイラー活動で初めて知りました。名前も「ハピタス」「ポイントサイト」「ちょびりっち」などなど。全く聞いたことがないおかしな名前、なんじゃそりゃ?って程度の得体のしれないものという印象でした。それが、なんとポイントを生み出す玉手箱だったとは。「そんなおいしい話、世の中にあるはずないよ。デメリットがあるのでは?」と勘繰りたくなりますよね。自分もそうでした。(というか、今も心の中に少し胡散臭さを感じている自分がいるような・・・)。でも、出品元の企業からの出資で誰も損しないようにおいしいポイントが付与されるのだとか。

さて、話を戻しますね。マイル国内往復特典航空券で15000マイルだとすると、クレカのポイントだけでマイルを貯めようとすると、今日のような規模の飲み会300ポイントを100回催さなければなりません。なぜ50ではなく100回かって?多くのクレカのポイントからマイルへの交換率が0.5倍しかないからです。エクストリームカードは例外中の例外ですね。だって、Gポイントへ1.5%×ソラチカカードでメトロポイントからANAマイルへ0.9倍=1.35%という高い交換率になるからです。

いずれにせよ、クレカだけでためる作業は非効率で気の遠くなる作業ということがわかります。

ただ、塵も積もれば山となるので、小さなポイントも無駄にせず、クレカ決済を生活の中で徹底する習慣をつけて、多方面からマイルをためたいです

スポンサーリンク






人気記事

カテゴリ

過去ログ