陸マイラー化第一弾「クレカの申し込み」

creditcard zoom.jpg
旅行日記はひと段落して、ブログタイトルの通り「陸マイラー」になるための実践を紹介します。

ほんとに不慣れなので、様々なマニアの方のサイトを参考に、試行錯誤で少しずつやってます。
なので、マニアの方から見ると「なにやってんだ、こいつ」「もっと効率よいやり方あるのに」と思われるかもしれませんが、本人必死なので、あしからず。

まず、記事題名「クレジットカード」ですが、ポイント大量獲得の案件として発行するという意味ではありません。
まだ、ひよっこの自分は、ここまで踏み入れてません。

自分の生活費決済やマイル交換に必要なクレカを見直し、発行するという意味です。

スポンサーリンク








1.生活費決済のクレカを見直す
社会人になって、自分のクレカやカード決済にはまったく無頓着、無関心でした。
現金支払い優先主義だったので、カード払いは未曽有の無駄使いにつながるのでは?という素人懸念があったからです。

今まで、自分はたった1枚クレカをもってるだけでした。
しかも、会社で発行するJCB法人ビジネスカード(年会費無料)
このカードのポイント還元率がたった0.1%しかないのも知らなかったし、
空港ラウンジが無料で使用できることもまったく知らず。。。もってるだけ~の状態。

しかーし、この夏休みに陸マイラー化の勉強をしたおかげで、まず、生活費決済クレカをもっと還元率のよいものに変更した方がいい、公共料金や街中の買い物支払いもなるべくクレカでという結論に。

そこで、自分が申し込んだのが、ジャックス「エクストリームカード(VISA)」

クレカを今後も高額利用しないと思うので、年会費無料のものがいいと思い、このクレカは前年度30万以上の利用なら次年度は無料らしいのです。
今まで口座振替だった公共料金支払いをこっちにうつせば、ぎりぎり30万はいくかなと。

ポイント還元率が、まずまずの1%というのがベター
今までの0.1%というのは何だったのでしょう

さらに、Gポイントに1.5倍に交換可能なので、ちょっぴりお得にANAマイルに交換できるのもいいですね。

今回、初めてポイントサイトなるものを通して申し込みしてみました。
「どこ得?」で検索すると、上位がGポイントで1000pt、ポイントタウンが750ptでした。
他のクレカと比べると、たったこれだけ?というわずかなPtでした。
陸マイラーに人気らしいので、クレカ会社の広告費が少ないのかもしれませんね。

ただ、Gポイントを利用しようとしましたが、落とし穴が発覚したので、ポイントタウンから申し込みました。
両方のサイトとも入会で最大3000円相当プレゼント。
でも、Gポイント経由の特別公式HPの入会特典では、「1000G+リボサービス登録で(Jデポ1000円分+1000G)
自分は、リボ払いにする気なんてないし、登録後変更は面倒なので、該当は1000Gのみ。
ただし、Gポイントサイトでも1000G、カードポイントにも1000G、計2000Gもらえるのかとおもいきや、デスクに問い合わせたところ、サイト側1000Gだけらしく、ほんとまぎらわしい標記。

一方、ポイントタウン経由では一般の公式HP適用となり、「Jデポ2000円分+リボ登録でJデポ1000円」
ちなみに、Jデポとは、決済の支払い時の割引らしいです。
別途750円分のサイトポイント15000がつくので、計2750円分

「どこ得?」上の数字だけでは、比較できない場合があるんだなーって勉強になりました。


これに先立って、数週間前に「エポスカード」を直に公式HPから申し込み・発行しました。
この時は、陸マイラーなんて想定外で、単にタイに旅行に行く前に「旅行に行くたびに海外旅行損害保険に5千円も払うのはもったいない。クレカの自動付帯保険で無料でお得にずっとつけたい。保障内容はエポスがお得」くらいの感覚で入会。
その後に陸マイラーたちのサイトを読み漁り、ポイントサイト経由がお得ということが分かって残念。
もっと早く知りたかった・・・
だって、上位はポイントタウン7000相当がもらえたのに~(涙)


ANAマイルに高還元率で交換できるクレカを新規発行する
ANAマイルに交換できるクレカの多くが「ポイントの0.5倍」の還元率。
ポイントの価値が半減するのはもったいないと誰も思うでしょ。
それが、「ANA To Me CARD PASMO JCB(ソラチカカード)」内でメトロポイントからANAマイルへ0.9倍という驚異的な還元率で交換できるそうです。

ANAマイラーには必携の伝説カードと言われています。
提携元のANA(空)とメトロ(地下)で「ソラチカ」っていうそうです。ふむふむ・・・。

ソラチカカードができた当初は、各ポイントサイトに入会キャンペーンがあったそうですが、今は、どこのサイトにもソラチカカードの掲載がありません。
カード会社側のソラチカ広告への意気込みがなくなってしまったようです。
なので、仕方なく、公式HPからの入会。

入会キャンペーンは「最大9900マイル相当分プレゼント」
これだけ読むと、すごいもらえるんだなと驚きますが、いえいえ、数字のマジックです。

①入会ボーナスマイル 1000マイル
②ANAキャンペーン参加登録 1000マイル
③メトロ定期券購入 900マイル(1000メトロポイント×0.9)
④家族会員へ 1000マイル
⑤その他6000マイル(ショッピング25万円以上、公共料金、MYJCBログイン150マイル等)

自分は、①②③と⑤のログイン150マイルの計3050マイルしかもらえないことになります。

入会キャンペーンの数字ってどこも過大広告だよな~って痛感しました。
ソラチカの方が、エクストリームカードより入会特典が結局お得って以外ですね。


上記カード2枚を同時に申し込んでみた
どこかのサイトに「クレカ発行は1月1枚、1カ月程度の間隔をあけて」という記事がありました。
8月はすでにエポスカードを発行しているし、追加2枚を足して1か月内に計3枚のカード発行はどうなんだろう?と心配になりながらも申し込みました。
夏休みに慣れない申し込み作業を終わらせてしまおうという、めんどくさ心からです(汗)

結局、無事に審査が下りました。

ソラチカとエクストリームは同日に申し込み、先だったソラチカが即日OKメール。
後のエクストリームが通説どおり1週間でOKメール。

これで、気持ちだけはANA陸マイラーの仲間入り!
といっても、まだカードは届いてないんですけどね。

ただし、こんな無茶なことは、もうしない方がいいですね。


アメックス祭りに参加すべきか?
巷の陸マイラーが今、狂喜乱舞しているそうです。
それは、「アメリカン・エキスプレス入会(公共料金)キャンペーン」によるもの。

「公共料金キャンペーン」は、入会後3ヶ月以内の公共料金等の支払1回につき金カードは2,000ポイント、緑カードは1,000ポイントを上限30回獲得できるという、空前のおいしい案件。
5月末までは、ポイント上限なしでしたが、それ以降は金6万、緑3万ポイントの上限が設定されてしまったそうです。
さらに、ポイントサイトのポイントまで付くので2重どり。

とあるマニアは、U-NEXTという動画配信サービスでは1動画注文につき個別の1請求扱いになることをつきとめ、50円くらいの激安動画を30本(上限の30請求)注文し、簡単に6万ポイントをもらっているのだとか。上限なしの初期入会者は、数十万ポイントを稼ぎだした人もいるとか。
とてつもない数字の錬金術で、どれくらいの価値が想像できません・・・。

10月31までの申し込み分が適用なので、8月にすでにクレカ入会している自分にとっては、1カ月のインターバルをおいて、10月くらいに考えてもいいかなと(公共料金変更は面倒だから、せめてU-NEXTかな)

ただし、こう荒稼ぎする人が急増すると、アメックスも、U-NEXTなど該当先も、条件をさらに厳しく設定してくるかもしれないので、すぐにでも入会できない自分は、しばらく動向を様子見しかないです。

ちなみに、アメックスからANAマイルへの交換ルートは、メンバーシップリワードに登録して、カード内で直にマイル交換するのだそう。ANAマイルへの移行は5,400円/年の手数料がかかり,なおかつ1ポイント=1円の交換比率にするためのメンバーシップリワードプラス登録費用が3,240円かかるので、数万ポイントゲットを考えると、8640円の支出はやむを得ないかな。

どんだけマイルの特典航空券で旅ができるんだろう。夢ですね。

スポンサーリンク








人気記事

カテゴリ

過去ログ